« 恋の時間  最終話 | トップページ | ガチバカ! »

2006/01/04

10〜12月期を振り返る

放送前はそれほど話題作が豊富というわけでもなかったのに、
終わってみれば平均視聴率15%以上(関東)が7作も出た10〜12月期。
まず、視聴率の順位はこんな感じだった。


  花より男子         19++%
  熟年離婚          19+%
  危険なアネキ        18++%
  野ブタ。をプロデュース   16++%
  大奥・華の乱        15++%
  鬼嫁日記          15+%
  1リットルの涙       15+%
  ブラザー☆ビート      13++%
  恋の時間          10+%
  あいのうた         9++%
  着信アリ          8+%
  今夜ひとりのベッドで    6++%


「熟年離婚」はそのテーマと渡哲也の起用で、
普段ドラマをあまり見ない層を取り込んだのが
高視聴率につながった感じ。
でもそれだけに作り方としてはかなりビギナー向けで、
ドラマを見慣れてる人にとっては物足りない内容だった気がする。

「花より男子」はあまりにも有名な原作なのでどうせダメだろう、
と思っていたら意外と許せた、という結果の数字だろうか。
井上真央と松本潤の貢献度は高かったと思う。

「あいのうた」は予想以上に低い数字だったけど、
やはり最初から先が見えすぎる構成というのは
なかなか数字につながらないと思う。

「危険なアネキ」と「鬼嫁日記」に関しては、
世の中ってそういうものだ、としか言いようがない。
次に個人的な評価点の平均はこんな感じ。


  野ブタ。をプロデュース   7.55
  1リットルの涙       7.23
  今夜ひとりのベッドで    6.95
  あいのうた         6.90
  花より男子         6.78
  大奥・華の乱        6.75
  熟年離婚          6.22
  着信アリ          6.15
  ブラザー☆ビート      5.68
  恋の時間          5.55
  危険なアネキ        5.45
  鬼嫁日記          5.14


今期の中ではやはり「野ブタ。をプロデュース」が印象深かった。
あの原作をああいう形でドラマ化したアイディア自体が秀逸だったし、
その期待に応えた主役の3人も立派だった。

「1リットルの涙」も原作の意味をきちんと理解して
真摯な姿勢で作っている点が何より評価できた。
キャスティングも申し分なかったと思う。

で、視聴率が最も悪かったにも関わらず、
実は意外と面白かったのが「今夜ひとりのベッドで」。
最終回が今イチだったので
自信を持ってオススメできないのが残念だけど、
ありきたりの不倫ものではないので
機会があったらチェックして欲しい。

それぞれタイプは違うけど「大奥・華の乱」までの6作品は
見て損のないドラマだったと思う。


今期はスペシャルドラマが多いクールでもあった。
戦後60年を記念して作られたドラマの中でも
DRAMA COMPLEX の第一弾となった「火垂るの墓」は
やっぱり一番印象深かった。
節子役を演じた佐々木麻緒の熱演だけでなく、
ドラマとしての脚色も戦争の悲惨さをさらに表現できていたと思う。

「女の一代記シリーズ」はちょっと期待しすぎたか。
実在する誰かの人生(半生)を短時間で描こうとすると
どうしてもエピソードの羅列になってしまう。
岩谷時子(松下由樹)との関係を軸にした第2夜は
比較的構成も良かったと思うけど、
越路吹雪が歌うシーンが重要だっただけに
いくら天海祐希といえどもその表現は難しかった。

ヤングシナリオ大賞の「unplugged」は
これまでの受賞作とはちょっと系統が違って
詩的な雰囲気がある作品だった。
ただ、演出でかなりカバーされた印象も。
末永遙は今が一番輝いてるような気はした。

役者の演技が堪能できたという意味では
「クライマーズ・ハイ」も印象的だった。
主役の佐藤浩市を始め男優陣の迫力ある演技は
ある種の世界を見事に表現していたと思う。
岸部一徳は「今夜ひとりのベッドで」にも出ていたけど、
その違いを比べたりするのも面白かった。

個人的には最後に「どんまい!」の最終週を見逃してしまって
ちょっとヘコんだりもしたんだけど、
いろんなタイプの作品を見られたクールではあった。


|

« 恋の時間  最終話 | トップページ | ガチバカ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/7992081

この記事へのトラックバック一覧です: 10〜12月期を振り返る:

« 恋の時間  最終話 | トップページ | ガチバカ! »