« 冗談じゃない!  第1話 | トップページ | 花嫁とパパ  2 »

2007/04/17

プロポーズ大作戦  1

プロデュース:瀧山麻土香、三竿玲子
演出:成田岳
脚本:金子茂樹
音楽:吉川慶
主題歌:「明日晴れるかな」桑田佳祐
制作:フジテレビ
出演:山下智久、長澤まさみ、榮倉奈々、平岡祐太、濱田岳、
   三上博史、藤木直人、森本レオ、宮崎美子、山崎樹範、
   松重豊、菊池健一郎、渡部豪太、他

タイムスリップするまで30分か…。
確かに状況説明は必要だったけど、
もう少しコンパクトにしてもよかったかもしれない。
つまり、延長する意味はあまりなかった。

タイムスリップしてからは
テンポも良くなって面白かったと思う。
長澤まさみと榮倉奈々のセーラー服も
十分アクセントになっていたし。

ただ、昔は打てなかったけどやり直して打てた、ではなく、
昔も三塁打だったけど今度は自力で点を取りに行った、
というのは少し回りくどかった。

確かに“俺が甲子園に連れてってやる”という言葉に対応して
あの展開になっていたわけだけど、
もともとスタメンではなく代打なら、
昔は打てなかったけど今度は配球が分かっていたので打てた、
でもランニングホームランを狙ってアウトになった、
という方がシンプルで分かりやすかったと思う。

重要なのはむしろ試合後にスタンドで交わされた
健(山下智久)と礼(長澤まさみ)の会話なので。

次回からは比較的すぐに写真の過去へ飛ぶと思うので、
もっとテンポ良く見られると思う。

あとは毎回少しずつ健が
過去のふがいない自分をやり直していくと思うので、
回が進むに沿って現在の礼にどういう変化が出るのか。
そして最後はどういう締め方をするのか。

やっぱり素直に最後のタイムスリップでプロポーズをして、
ラストの披露宴では礼の隣に健がいる
というハッピーエンドだろうか。

いずれにしてもパターンはもうハッキリしているので
分かりやすく楽しめると思う。

キャスティング的には濱田岳が効いている。
こういうコメディにはピッタリなので、
思いっきり盛り上げて欲しい。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« 冗談じゃない!  第1話 | トップページ | 花嫁とパパ  2 »

コメント

“俺が甲子園に連れてってやる”は、
『タッチ』の長澤まさみだからなんだろうけど、
いくら強豪校じゃないからって、
控えの選手に言わせてもなぁ…
なんか、痛くないですか?
配給がわかって打てるくらいなら、
レギュラーになってただろうと思います。
というか、そもそも、なんで代打という設定にしたのか疑問。
それはともかく。
三上博史の起用は、良い作用を起こしている気がします。

投稿: 卯木里英 | 2007/04/17 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/14709856

この記事へのトラックバック一覧です: プロポーズ大作戦  1:

« 冗談じゃない!  第1話 | トップページ | 花嫁とパパ  2 »