« ちりとてちん  全26週・151回 | トップページ | 未来遊園地2 〜馬泥棒とメリーゴーランド〜 »

2008/04/06

1〜3月期を振り返る

昨年から08年は結成20周年のSMAPが
ドラマに出続けるとウワサされていて、
まずは香取慎吾と稲垣吾郎が登場した1〜3月期。
視聴率(関東)の順位はこんな感じだった。


  薔薇のない花屋       18++%
  斉藤さん          15++%
  交渉人           13+%
  貧乏男子 ボンビーメン   11++%
  だいすき!!          11+%
  佐々木夫妻の仁義なき戦い  10++%
  1ポンドの福音       10++%
  鹿男あをによし       9++%
  エジソンの母        9++%
  3年B組金八先生      9+%
  未来講師めぐる       9+%
  ハチミツとクローバー    8++%
  あしたの、喜多善男     7+%
  4姉妹探偵団        7%

初回に唯一20%台を出した「薔薇のない花屋」は、
その後も15%を切ることなく1位。
「佐々木夫妻〜」は事前のイメージとかなり違ったこともあって、
中盤はひと桁が続いて6位だった。

大善戦だったのは「斉藤さん」。
タイムリーなネタと観月ありさのハマり具合で
普段はあまりドラマを見ない層にも支持された感じだった。

注目されていた「ハチミツとクローバー」は、
最終回に少し上げたものの、
きれいな右肩下がりで8%台。
もう少しで平均が8.96(ハチクロ)になりそうだったんだけど、
そんな奇跡は起こらなかった。

で、個人的な評価点の平均はこんな感じ。


  鹿男あをによし       7.20
  あしたの、喜多善男     7.14
  エジソンの母        6.90
  だいすき!!          6.85
  薔薇のない花屋       6.77
  斉藤さん          6.64
  1ポンドの福音       6.61
  佐々木夫妻の仁義なき戦い  6.60
  未来講師めぐる       6.35
  3年B組金八先生      6.05
  交渉人           5.81
  ハチミツとクローバー    5.55
  貧乏男子 ボンビーメン   5.50
  4姉妹探偵団        5.22


今期はやっぱり「鹿男」と「喜多善男」が面白かった。
タイプの違う作品だから比べる意味はないけど、
エンターテイメント性が高かった分、
「鹿男」の方が平均では上まわった感じ。

エンターテイメント性という意味では
「薔薇のない花屋」の前半も高かった。
最後は普通の終わり方になってしまったけど、
前半は久しぶりにハマって楽しめた。
やっぱりオリジナルのドラマはいろいろ先を想像できるだけに
ハマると見てても楽しいな。

オリジナルとしては「エジソン」も面白い企画だったと思う。
もう少しゴツゴツしたところを削ったなめらかな仕上がりだったら、
と思うとちょっと残念だった。

レビューしてない深夜モノでは
「腐女子デカ」が面白かった。
篠原真衣は「死化粧師」の時も後半良かったけど、
今回はもっとハジけていて良かった。
あと、やっぱりこの手のコメディで
高橋ひとみは欠かせないなと改めて思った。

クール全体としては
満足度が高い作品がすごく多かったわけじゃないけど、
前期から今期にかけて「ちりとてちん」があったので、
ドラマの面白さは堪能できた冬だった。


|

« ちりとてちん  全26週・151回 | トップページ | 未来遊園地2 〜馬泥棒とメリーゴーランド〜 »

コメント

深夜もの枠で、「キューティーハニーTheLive」などもかなり楽しめました(^^;。

投稿: | 2008/04/07 16:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/40783460

この記事へのトラックバック一覧です: 1〜3月期を振り返る:

« ちりとてちん  全26週・151回 | トップページ | 未来遊園地2 〜馬泥棒とメリーゴーランド〜 »