« スクラップ・ティーチャー  07 教師失格?! 恋のおまじない | トップページ | Room Of King  8 »

2008/11/25

ジャッジII 島の裁判官 奮闘記  全5回

制作統括:城谷厚司、古川法一郎
演出:本木一博、井上剛
作:中園健司、飯野陽子
音楽:羽毛田丈史
主題歌:「路の途中」中孝介
挿入歌:「絆」中孝介
制作:NHK大阪
出演:西島秀俊、戸田菜穂、桝岡明、浅野温子、寺田農、小野武彦、的場浩司、
   酒井彩名、国生さゆり、松尾敏伸、橋爪遼、安めぐみ、山本學、
   菅井きん、梅津栄、坂口あずさ、森田直幸、北村有起哉、市川実和子、
   田中要次、保坂尚輝、佐藤藍子、柄本佑、中村倫也、柳生みゆ、美保純、
   嶋田久作、根岸季衣、須賀貴匡、松尾諭、平良とみ、石橋蓮司、他

昨年放送された作品の続編。
大美島へ赴任して約1年が経過した恭介(西島秀俊)が、
2年の任期を終え次の赴任地・東京へ戻るまでを描いた。

第1シリーズは恭介の成長物語の側面も強く、
島の状況に慣れていく過程にやや時間を取られたので
司法モノとしては1・2話と3話以降で
ずいぶんとイメージが違った印象だったけど、
この第2シリーズは最初から最後まで見応えがあった。

脇役の人間関係が説明不足に思えたかもしれないけど、
前作から見ていると恭介の親友・塚本(北村有起哉)の死はグッと来たし、
麓先生(山本學)のアドバイスも心強かった。

あと、やっぱり裁判員制度との絡み。
前作もそれを意識した企画ではあったけど、
今回はスタートが前年に迫ったこともあって、
かなりハッキリと盛り込んでいた。

それを単にやり方の説明ではなく、
意義や意識にまで落とし込んでいたところが良かったと思う。
とくに4話で恭介が最高裁の判例に捕らわれない判断をした話は印象的だった。

来年以降、裁判が出てくるドラマは大きく変わるはずだけど、
その先駆けとなる作品という意味でも有意義だった。

とにかく、物静かで、冷静で、
情に厚い部分と客観的な視点を併せ持つ恭介のキャラクターは、
西島秀俊の好演もあって出色の存在だったと思う。
弁護士や検事や被告ではなく、
裁判官を主人公にしている以上、
恭介のキャラクターは作品の生命線だったと思うけど、
前作で成長したあとの恭介は本当に魅力的だった。

一話ごとの完成度を上げながら
前回と今回の合計10話の連ドラとしても見応えを出したのは
さすが土曜ドラマという感じだった。

            採点 8.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★★
                演出  ★★★★★
                配役  ★★★★★
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★★★★
                新鮮さ ★★★★☆
                話題性 ★★☆☆☆


|

« スクラップ・ティーチャー  07 教師失格?! 恋のおまじない | トップページ | Room Of King  8 »

コメント

第1シリーズを中途半端に観たり観なかったりだったので、今シリーズは1話も見逃さずガッツリと堪能しました!

今後も続けて観たい、次シリーズを期待してしまう良いドラマでした(^^)

投稿: IDE | 2008/11/25 23:04

ブログ主さん、初めまして。happy01
いつもドラマを見るtv時は、オンタイムではなく、
最終回以後に、このブログの採点を
参考に選んで見る位、ここが大好きです。heart01heart01
そこで、お願いですが、もしご覧になっているなら、
NHKの木8ドラマ『キャットストリートclover』、『七瀬ふたたびcherry
(特に、『キャットストリート』)の感想・採点を書いて頂けませんか?
無理なら構わないですが、ぜひ宜しくお願いしますwink

投稿: ナナミ | 2008/12/04 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/43222178

この記事へのトラックバック一覧です: ジャッジII 島の裁判官 奮闘記  全5回:

« スクラップ・ティーチャー  07 教師失格?! 恋のおまじない | トップページ | Room Of King  8 »