« メイちゃんの執事  1 | トップページ | トライアングル  2 過去からの手紙 »

2009/01/15

神の雫  le premier verre 1

プロデューサー:桑原丈弥、秋元孝之
演出:中島悟
脚本:渡辺雄介
原作:「神の雫」亜樹直/オキモト・シュウ
音楽:福島祐子、中島靖雄
主題歌:「ONE DROP」KAT-TUN
制作協力:アベクカンパニー
制作:日本テレビ
出演:亀梨和也、田辺誠一、仲里衣紗、竹中直人、内田有紀、戸田菜穂、
   竹中直人、古谷一行、辰巳琢郎、升毅、田口浩正、佐々木希、
   平方元基、荻美香、他

探し出すワインは6本になっていた。
そりゃそうか。
でも、神の雫はどうするつもりなんだろう。

とにかく話は駆け足で、
カットを繋げているだけという感じ。
「マ・ファミーユ」のエピソードも無理やりねじ込んだだけで、
店主の綿貫(益岡徹)や鈴香(本仮屋ユイカ)の話としては
あまりにも雑だった。

連ドラとしては一話の中で何か進展がないと物足りないし、
とくに初回は雫(亀梨和也)が一青(田辺誠一)との勝負を
やると決めないと始まらないので、
こういう作り方になってしまったんだと思う。

でも、冒頭のシーンと雫が初めてワインを飲むシーンで
リシュブールの特徴と豊多香(古谷一行)の妻への思いが表現されるところや、
ラストで雫の才能と家族に対する思いが描かれるところなんかは悪くなかった。

というか、いろんなエピソードを丁寧に描くのはムリだから、
もうそのあたりに特化して作った感じなんだろうな。
「マ・ファミーユ」のところも雫のデキャンタージュを目立たせてたし。

今後も基本的にはこういう作り方になりそう。
みやび(仲里衣紗)のノリはドラマとして悪くないので、
どうせなら原作のエピソードにこだわらずにオリジナリティを出して欲しい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« メイちゃんの執事  1 | トップページ | トライアングル  2 過去からの手紙 »

コメント

こんにちは。
たしかに駆け足でしたね、レストランの話は
もっと丁寧にやってほしかった。
でもキャストは結構合ってて良かった。
原作が完結してないのでどうするのかと思ったら
本数半分にして、神の雫ワインの部分は
原作者がドラマ用に話を作るらしいと聞きました。

投稿: 宮 | 2009/01/16 16:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/43746605

この記事へのトラックバック一覧です: 神の雫  le premier verre 1:

« メイちゃんの執事  1 | トップページ | トライアングル  2 過去からの手紙 »