« メイちゃんの執事  3 | トップページ | トライアングル  4 衝撃の告白 »

2009/01/29

神の雫  le troisieme verre 3

演出:石尾純
脚本:渡辺雄介

雫(亀梨和也)と豊多香(古谷一行)の関係、
高杉(松田悟志)のキャラクター、
第二の使徒の正解などの重なり具合は悪くなかったと思う。

コメディチックなみやび(仲里衣紗)はあまり見られなかったけど、
みやびもストーリーに絡んでいたところは良かった。
雫がワインを見つけるところはやけにあっさりしていたものの、
一話の内容としてはこれくらいのバランスだと見やすい感じ。

一青(田辺誠一)が第二の使徒を見つける過程の描き方は、
ある意味、田辺誠一らしくて面白かった。
でも、ドラマ全体のトーンとしては、
どのあたりを落とし所にしたいのか
まだバラバラな感じがしなくもない。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« メイちゃんの執事  3 | トップページ | トライアングル  4 衝撃の告白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/43891360

この記事へのトラックバック一覧です: 神の雫  le troisieme verre 3:

« メイちゃんの執事  3 | トップページ | トライアングル  4 衝撃の告白 »