« 本日も晴れ。異状なし  第2話 | トップページ | メイちゃんの執事  3 »

2009/01/27

VOICE[ヴォイス]  第3話

演出:成田岳
脚本:金子茂樹

佳奈子(石原さとみ)の母親(片平なぎさ)の話は
少しずつ描かれるのかと思ったら、
今回で一気に結論までいってしまった。

しかも、発端となったタクシーの中で死亡した女性が
なぜクラッシュ症候群になったのかというあたりは一切描かれず。
どうにもこのドラマは厚みのある脚本にはならないらしい。

基本的にはこれまでも「きらきらひかる」からネタを拝借してるわけだけど、
ここも阪神大震災絡みでやっぱり新しさは感じられなかった。

それにしても15年前の物証がきれいに残りすぎ。
納品されたパイプ椅子の検品シールはまあいいとしても、
当時の納品時間まであっさり分かったり、
放置された機械の横にアルバムまで残っていたりするのは
さすがにシラけた。

あと、数字の書き方も検品シールに2種類あったことと、
注意されて書き直したことを一緒にしちゃダメだと思うんだけど…。
佳奈子の母親がきっちりした性格なら
7の数字に点をいれるくらいその場ですべて直しただろうに。

無理やり感動させようとして適当にひねり出した展開も多くて、
今回も資料だけを参考に小手先で作ったようなストーリーだった。

もう3話目で限界は見えた感じなので、
あとは亮介(生田斗真)の話が
何とかうまく育ってくれることを願うのみ。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« 本日も晴れ。異状なし  第2話 | トップページ | メイちゃんの執事  3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/43869671

この記事へのトラックバック一覧です: VOICE[ヴォイス]  第3話:

« 本日も晴れ。異状なし  第2話 | トップページ | メイちゃんの執事  3 »