« メイちゃんの執事  7 | トップページ | トライアングル  8 アリバイ »

2009/02/26

神の雫  le septieme verre 7

演出:石尾純
脚本:渡辺雄介

豊多香(古谷一行)の人間性は別にして、
霧生(戸田菜穂)の話自体は悪くなかったと思う。
雫(亀梨和也)とみやび(仲里衣紗)にも絡めてあったので
そんなに浮いた感じもしなかったし。

でも、一青(田辺誠一)がどういう風に使徒にたどり着いたのかは
さっぱり分からなかったので、
最後にロベール(竹中直人)が2人の違いについて話しても
かなりムリヤリな感じはした。

それにしても雫の会社のワイン事業部は
仕事しないなあ。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« メイちゃんの執事  7 | トップページ | トライアングル  8 アリバイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44179439

この記事へのトラックバック一覧です: 神の雫  le septieme verre 7:

« メイちゃんの執事  7 | トップページ | トライアングル  8 アリバイ »