« メイちゃんの執事  6 | トップページ | トライアングル  7 上海の夜 引き裂かれた絆 »

2009/02/19

神の雫  le sixieme verre 6

演出:中島悟
脚本:渡辺雄介

いろんな事実を知って
一度は遺産争いのゲームから降りようとした雫(亀梨和也)が、
第四の使徒をめぐって再びゲームに参加するまでの内容。

それは別にいいんだけど、
やっぱりそんなに厚みのある話にはならなかった。
山小屋のおっちゃんが雫をひとりで山に登らせたり、
帰ってきた雫にフツーにお茶を飲ませていたりするところは
逆にバカバカしくって面白かったけど。

一青(田辺誠一)の大袈裟な“おおおーっ”とかは
何回見ても無条件に笑える。

            採点 5.5(10点満点平均6)


|

« メイちゃんの執事  6 | トップページ | トライアングル  7 上海の夜 引き裂かれた絆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44109700

この記事へのトラックバック一覧です: 神の雫  le sixieme verre 6:

« メイちゃんの執事  6 | トップページ | トライアングル  7 上海の夜 引き裂かれた絆 »