« お買い物 | トップページ | 本日も晴れ。異状なし  第5話 »

2009/02/16

銭ゲバ  第5話

演出:狩山俊輔
脚本:岡田惠和

三國造船の社内まで入り込んだ風太郎(松山ケンイチ)は、
かつての派遣仲間・枝野(柄本時生)を使って譲次(山本圭)を殺害。
社長の座まで登りつめるところまで話は進んだ。

その過程での枝野や譲次とのやり取りで、
風太郎が友達や家族という言葉に微妙な反応をするカットは
また丁寧に撮っていたと思う。

そして今回のポイントは、
やっぱり茜(木南晴夏)の描き方。
荻野(宮川大輔)から話を聞いて風太郎の計画を知った緑(ミムラ)が
そのことを茜に伝えた時のリアクションが、
“だから何? そんなのどうでもいいんだよ、お姉ちゃん”

このシーンの茜のセリフは、
最後の“愛してるの、そして必ず私を愛してもらう。
お姉ちゃんには分からないよ、絶対”まで
強烈にインパクトがあった。

風太郎自身の心の揺れと
伊豆屋を含めたまわりの人物像で、
相変わらず単調ではないドラマになっていると思う。

ただ、今回は風太郎が屋上からカネをばらまくシーンが長くて、
個人的にちょっと冷めた感じもあった。
最初からフィクションではあるんだけど、
このドラマのこれまでの見せ方と比較すると
フィクションのトーンが違うという気もして…。

もう少し別の形で
風太郎の気持ちを表して欲しい気もした。

            採点 7.0(10点満点平均6)


|

« お買い物 | トップページ | 本日も晴れ。異状なし  第5話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44078791

この記事へのトラックバック一覧です: 銭ゲバ  第5話:

« お買い物 | トップページ | 本日も晴れ。異状なし  第5話 »