« トライアングル  8 アリバイ | トップページ | ありふれた奇跡  第八回 »

2009/02/26

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜  第6話 呪いの人形

演出:猪股隆一
脚本:松田裕子

キイナ(菅野美穂)と真一郎(塚地武雅)の関係は
このドラマの数少ない魅力なので、
そこを活かした内容は良かった。

真一郎に3人も子供がいて、
キイナが今回のメインになった莉子(森迫永依)に
前にお父さんに好きな人がいたと言われるシーンなんかは、
キイナのキャラクターも活きて面白かった。

呪いというネタ自体に目新しさはなかったけど、
子供がかけた呪いから話が始まったので、
全体的にもそんなに違和感はなかったと思う。

莉子が母親を亡くしていたので、
呪いをかけた先生が本当に死んでしまったことに
すごくショックを受けていたところも、
ドラマとしては悪くなかった。

事件が解決していく段取りはもうパターン化しているので、
今回みたいにそれ以外の部分で膨らませてくれるとうれしい。
そういう意味では雅(沢村一樹)の過去に
キイナがどう関わっていくのかも今後の見どころか。

お馴染みになってきた“別班だな”とか言って、
雅がキイナを頼って欲しい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« トライアングル  8 アリバイ | トップページ | ありふれた奇跡  第八回 »

コメント

僕は『イグアナの娘』の頃からの菅野美穂さんの大ファンで、彼女は何歳に成っても若々しいです。特に、「働きマン」と今回の「キイナ」の演技はチョー一流で、僕の中では世界一です。菅野美穂ちゃんの実家の隣街である川越市に住んでいるので女優さんの中で、凄く身近に感じます。『キイナ』が放送される水曜日が待ち遠しくて堪りません。ハンドルネーム『湘南新宿ライン。』より PS・これからのキイナさんの、活躍が楽しみです。

投稿: 織田宏(オダヒロシ) | 2009/02/26 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44179443

この記事へのトラックバック一覧です: キイナ〜不可能犯罪捜査官〜  第6話 呪いの人形:

« トライアングル  8 アリバイ | トップページ | ありふれた奇跡  第八回 »