« リセット  #5 | トップページ | 歌のおにいさん  Act・4 »

2009/02/16

ラブ・シャッフル  Vol.5

演出:土井裕泰
脚本:野島伸司

一周まわってそれぞれの相手は元の組み合わせ。
でも、本来のパートナーとのシーンはそれほど多くなく、
何人かは別の相手に興味があることが示された。

最初は旺次郎(松田翔太)や菊田(谷原章介)とともに
ドッキリで宇佐美(玉木宏)にモーションをかけた愛瑠(香里奈)も、
最終的には本当に宇佐美が気になっている様子。

ただ、今回は宇佐美のダメっぷりがかなり描かれたので、
また同情から始まっていると言えなくもない。
まあ、前回のラストがあんな感じだったので、
少しは愛瑠も宇佐美の本質を見てるとは思うけど。

旺次郎と海里(吉高由里子)のシーンがまた印象的だった。
その前の菊田と海里のやり取りから考えても、
菊田の元恋人に似ている人物は旺次郎なんじゃないかという気もしてきた。

自殺した菊田の恋人もアーティストで、
“怪物”になれずにつぶれたとか。
菊田が最後の組み合わせで海里にくっつけたのも旺次郎だしなあ。
今のところ旺次郎か、一周まわって海里か、
どちらかの可能性が高い気がする。

今回はまたカボスやらパンダやら
つまらないダジャレが多かったし、
日本チャチャチャのシーンも狙いすぎで
本筋からズレる部分はしょっぱかった。

次回は玲子(小島聖)の旦那も出てきそうだし、
菊田の秘密が明かされるのかもしれないし、
コメディっぽさはもうどうでもいいから
2週目のシャッフルでさらに人物像を深く描いて欲しい。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« リセット  #5 | トップページ | 歌のおにいさん  Act・4 »

コメント

海里の家(門扉)はお金持ちの家の象徴のように様々なドラマで登場するのですが、あそこはいったい何ですか?大使館か何かでしょうか?東京在住ではないので気になります。

投稿: きくたん | 2009/02/19 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44078765

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ・シャッフル  Vol.5:

« リセット  #5 | トップページ | 歌のおにいさん  Act・4 »