« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009/03/31

帰ってこさせられた 33分探偵  #10

演出・脚本:福田雄一
出演:堂本剛、水川あさみ、高橋克実、佐藤二朗、野波麻帆、戸次重幸、
   小島よしお、オードリー、ナイツ、はるな愛、ダンディ坂野、他

途中で六郎(堂本剛)が「キイナ」になってた。
あと、鑑識部屋のシーンは本気で笑ってる感じだったな。
とにかく前作同様、楽しく遊んでる雰囲気はあった。

情報屋のところは芸人枠になったようで、
今回はオードリー。
次回からナイツ、はるな愛と変わっていくらしい。

あとはいつもの段取りで。
全体の切れ味は今イチだったけど、
六郎の最初の妄想はちょっと面白かった。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごくせん 卒業スペシャル'09

プロデューサー:加藤正俊
演出:佐藤東弥
脚本:江頭美智留、横田理恵
脚本協力:松田裕子
原作:森本梢子「ごくせん」
音楽:大島ミチル
主題歌:「虹」Aqua Timez
挿入歌:「俺たちの青春」高木雄也
制作協力:AXON
制作:日本テレビ
出演:仲間由紀恵:高木雄也、三浦春馬、石黒英雄、中間淳太、桐山照史、
   三浦翔平、玉森裕太、斎藤工、生瀬勝久、宇津井健、江波杏子、
   小泉孝太郎、東幹久、平山あや、星野亜希、金子賢、阿南健治、
   内山信二、佐藤二朗、魁三太郎、石井康太、脇知弘、他

ほとんど期待してなかったんだけど、
そんなに悪くなかった。
やっぱり「ごくせん」はたまに見るからいいのか。

といってもテレビはこれが最後で、
夏に公開される映画でシリーズはすべて終了。
まあ、連ドラはもう内容的に限界なので、
丁度いい引き際じゃないだろうか。

このスペシャルは2年生役の玉森裕太と
その先輩役の斎藤工が良かったので
かなり締まったと思う。
そう考えると最後に3年D組に進級した玉森裕太が
もったいない感じもするけど、
それは映画のお楽しみということで。

新しい5人組には落合扶樹が入ってるし、
単発ならまだ何とかなるし、
映画も意外と楽しめるかも。

            採点 6.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★★☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★☆☆
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

09年1〜3月期を振り返る

冬ドラマは視聴率が良いと言われたのは昔の話。
1〜3月期は各ドラマ一話も20%を超えることなく終わった。
平均視聴率(関頭)の順位は以下の通り。

  ヴォイス        14++%
  キイナ         14++%
  メイちゃんの執事    14+%
 (必殺仕事人 10話まで) 12+%
  トライアングル     12+%
  歌のおにいさん     10++%
  ありふれた奇跡     10++%
 (特命係長・只野仁)   10+%
  銭ゲバ         9++%
  RESCUE        9++%
  ラブ・シャッフル    8++%
 (赤い糸)        8++%
  本日も晴れ。異状なし  8+%
  神の雫         6+%

最後にWBCの影響を受けたドラマもあったけど、
「ヴォイス」「キイナ」「メイちゃん」のトップ3でさえ
平均で15%を超えない結果。
ひと桁に沈んだ作品は今クールも多かった。

健闘したのは11時台の放送だった「歌のおにいさん」。
ゴールデンに進出した「只野」は10%台だったので、
放送枠が逆だったらお互いにもっと数字は伸びていたかもしれない。

「神の雫」は9話中3話が4%台で、
深夜帯以下の数字になってしまった。
次に、個人的な評価点の平均はこんな感じ。

  ありふれた奇跡     7.36
  銭ゲバ         7.11
  ラブ・シャッフル    6.85
  歌のおにいさん     6.25
  キイナ         6.11
  トライアングル     6.09
  ヴォイス        6.05
  神の雫         5.83
  メイちゃんの執事    5.80
  本日も晴れ。異状なし  5.56
  RESCUE        5.50

「歌のおにいさん」は内容も悪くなかったと思う。
テレ朝の開局50周年だからか、
終盤で黒柳徹子が本人役で2度登場するなど
ヘンな部署からジャマされた印象もあったけど、
面白いものを作ろうという現場の志は伝わる作品だった。

軽いタイプのドラマでも
最低限これくらいのクオリティーで作ってくれると
見ていても楽しいんだけど。

一番良かったのは「ありふれた奇跡」だった。
これのどこが面白いんだよ、と思った人は、
10年か20年経ってレンタルショップでDVDでも見かけたら
騙されたと思って借りてみて。

「銭ゲバ」は10年経ってもダメな人はダメなんだろうけど、
個人的には支持したい作品だった。
「ラブ・シャッフル」の寒いギャグが10年経って笑えたら
それそれで面白いかもしれないけど、そんなことはないと思う。
ただ、寒いギャグ以外の部分が楽しめるかも。


レビューしていなかった「只野」は、
出だしが映画の宣伝ばっかりでツラかった。
全体的にお色気も少なかったし、
ゴールデン進出は失敗だったと思う。

「必殺」はまだ続くんだけど、
今のところ森下直が脚本を書いた回は面白い。

「妄想姉妹」は高橋真唯の回が良かった。
期待した吉瀬美智子は日本髪があまり似合わなかった印象。
いずれにしても回によってムラがある内容だった。

「Q.E.D.証明終了」は、
高橋愛と中村蒼の雰囲気は良かったんだけどな。
2話のラストのストップモーションとか。
事件の内容はともかく、
同級生のキャラはもう少し何とかして欲しかった。

あと、忘れてはならないのが、
約1年放送されていた「ケータイ捜査官7」。
途中はなんじゃそりゃの回もあったけど、
終盤、「桐原とサード」の話あたりからラストまでの流れは
すごく見応えがあった。

最終回に関してはもう少し別の見せ方もあったのでは、
という気もするけど、
やむを得ない落とし所でもあったと思う。
とにかくPBのキャラはゼロワンに限らず、
みんな魅力的だった。

単発のスペシャルもいろいろあった。
田村正和の「疑惑」とか「そうか君はもういないのか」とか。
映画絡みの「誰も守れない」とか、
なんでスペシャルが作れたのかよく分からない「交渉人」とか。

とりあえず、この前の「黒部の太陽」は、
あまり期待してなかったんだけどかなり見応えがあった。
ただ、光子(志田未来)のパーツは
ちょっと引っ張りすぎだったんじゃないだろうか。

文子(深田恭子)、幸江(綾瀬はるか)、
ツル(泉ピン子)、ふじ江(風吹ジュン)などでも
話は外へ広がっていたので、
あそこまで膨らませなくてもよかった気がする。
いずれにしても映像と岩代太郎の音楽は良かった。

連ドラはやりたいことをハッキリやった作品と
大衆性に徹底した作品に分かれたような感じだったけど、
個人的には「ありふれた奇跡」や「銭ゲバ」があったので
印象に残るクールではあった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

だんだん  全25週(150回)

制作統括:青木信也
演出:長沖渉、櫻井賢、田中正、大原拓、
   末永創、藤並英樹、橋爪伸一朗、桑野智宏
作:森脇京子
音楽:村松崇継
主題歌:「縁の糸」竹内まりや
挿入歌:「いのちの歌」
語り:竹内まりや
制作:NHK大阪
出演:三倉茉奈、三倉佳奈、山口翔悟、久保山知洋、東島悠起、吉田栄作、
   石田ひかり、鈴木砂羽、三林京子、藤村志保、夏八木勲、伊武雅刀、
   京野ことみ、木咲直人、岸部一徳、石倉三郎、宮田圭子、阿南健治、
   河合美智子、佐川満男、曾我廼家八十吉、辻沢響江、平岳大、円広志、
   Mr.オクレ、久保田晃代、伊藤麻衣、チェン・チュー、寺田有希、
   多賀勝一、木村文乃、茂山逸平、正司花江、西岡慶子、他

島根と京都を舞台にした79作目の朝ドラ。
96〜97年の「ふたりっ子」でヒロインの子供時代を演じた
三倉茉奈と三倉佳奈が、
史上初めて2度目のヒロインを演じた。

ひとことで言うと、いろんな要素を入れすぎて
収集がつかなくなったような作品だった。

縁結びの神として知られる島根の出雲が物語の発端で、
人の縁(えにし)が全体を通したテーマ。
そこに登場するのが生まれてすぐに
離れ離れになってしまった双子の姉妹で、
演じるのはマナカナ。
ここまではNHKの朝ドラとして
何も間違ってなかったと思う。

あとは物語の色合いを決める背骨が
何かひとつあればよかったんだけど、
歌の力とか、命の大切さとか、
大小いろんな要素を入れてしまって、
それをひとつにまとめられなかった感じだった。

もうひとつの舞台が京都の祇園だったので、
芸の道という意味ではめぐみ(茉奈)とのぞみ(佳奈)が
歌手を目指すパーツもアリだったのかもしれない。
でも、それが歌謡史を振り返るがごとく
長い時間をかけて引っ張ったので、
SJがキャンディーズのように派手に解散引退して、
話が序盤に少し振っていた医療関係に移行した時は、
どこに向かっていくんだよという感じだった。

若い主人公が迷いながら自分の道を探していくという物語自体は、
ある意味、リアルでもあるので悪くはないと思う。
でも、主人公の歌手活動に時間をかけすぎて
ドラマとしては筋が曖昧になってしまった。

サブタイトルがすべて歌の題名になっていたくらいだから、
どちらかひとりが歌の世界に残れば
まだ何とかなったかもしれないけど、
めぐみは最初から介護関係の仕事が希望で、
のぞみを祇園生まれにしてしまったのでそれもムリだった。

じゃあ、俊(東島悠起)がそれを担っていたのかというと、
別にそんなこともないし。そもそも歌ってないし。
イーリン(チェン・チュー)なんか
途中からどっかいっちゃってたのに、
最後の節分で一緒に踊ってた時はちょっとビックリしたもんなあ。

節分って言えば、
序盤であんなに重要だった「赤いスイートピー」で
涼乃(木村文乃)が花を配ってるのにもビックリした。
どんだけ重要度が下がったんだって感じ。

振り返ってみれば、
3週目にめぐみとのぞみと入れ替わっても
忠(吉田栄作)と真喜子(石田ひかり)は一目で気づくあたりが、
ベタだけどピークだったような気がする。

普通にやれば十分平均以上の作品はできそうな枠組みだっただけに、
ゴチャゴチャの内容にしてしまったのが残念だった。

            採点 5.0(10点満点平均6)

                脚本  ★☆☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆


だんだん 完全版 DVD-BOX Iだんだん 完全版 DVD-BOX I
三倉茉奈, 三倉佳奈, 吉田栄作, 石田ひかり


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット  #11

演出:位部将人
脚本:横田理恵
脚本監修:林誠人
脚本協力:福田雄一

2度目のリセットまではよくあるパターンだったけど、
このドラマはその後も主人公が後悔しないとダメなので、
その見せ方はちょっと工夫があったと思う。

あかね(高橋真唯)の心臓が弱いという部分を
前半は仮病で浩介(森本亮治)を引き留めることに使っていたから
オチを少し隠すこともできていた。

アンリ(田中直樹)のパーツが
もう少し本編のトーンと合ってたら
全体の印象も上がるんだけど。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/26

春さらば 〜おばあちゃん 天国に財布はいらないよ〜

プロデューサー:橋本かおり、朝倉雅彦、井上由紀
監督:阿部雄一
作:井上由美子
音楽:羽毛田丈史
制作協力:ザ・ワークス
制作:テレビ東京、博報堂DYメディアパートナーズ
出演:夏川結衣、市原悦子、原田芳雄、山本學、畠山彩奈、小泉孝太郎、
   塚本高史、高橋ひとみ、温水洋一、山村美智、大路恵美、伊藤正之、
   芹沢礼多、村松恭子、一青妙、喜多道枝、神谷亮太、他

テレビ東京開局45周年記念ドラマ。
井上由美子のオリジナルで、夏川結衣主演、
市原悦子、原田芳雄、山本學が共演ということで、
テレビ東京だけどちょっと期待して見た。

正直、ラストはきれいにまとめすぎだと思ったものの、
物語の構造自体はすごく練られていたと思う。

基本的には介護の現場を舞台にした
老人たちとホームヘルパーの騙し合いがメインで、
主人公のかすみ(夏川結衣)が
はたして天使か悪魔かという部分が最大の見どころ。

そのかすみが介護を担当する利用者のことを
“かよわいお年寄りだとは思ってない、
複雑怪奇な世の中を渡ってきた百戦錬磨の強者、
一対一の戦いを挑むのみ”と考えて
ひとりひとりと真剣に向かい合っていたので、
視聴者がどう受け取るにしても説得力が出て見応えがあった。

原川(山本學)がかすみに贈った絵でも、
背中にあるのは天使の羽か、背負っている荷物か、
という見せ方をしていたけど、
この原川の存在はかなり効いていたと思う。

最後に騙し返したといっても
かなりかすみを信用していたりく(市原悦子)と、
お金を渡す時から明らかに疑っていた海野(原田芳雄)。
この2人だけでなく、
かすみに全財産を譲ると遺言を残して死んでいった
原川がいたのが良かった。

はたして原川はかすみの真意に気づいていたのかどうか。
いずれにしても原川が最後まで孤独ではなかったのは確かで、
だからこそラストでりくと海野が被害届けは出さずに
かすみに罪滅ぼしをしてもらうと言ったところは説得力が出て、
物語の構造をより深くしたと思う。

それにしても、市原悦子は最高だったなあ。
シナリオ上のキャラクター分けだけじゃなく、
市原悦子がいたことでこの3人のバランスはすごく良かった。

あと、高橋ひとみもうまかったと思う。
姑であるりくにかなりきつく当たる役だったけど、
そんなに不快感がなかった。
ヘンに紋切り型のイヤな嫁にならず、
本気でりくとぶつかっていたのが良かったような気がする。
まあ、市原悦子効果なのかもしれないけど。

介護現場での詐欺という
テレビドラマとしてはやや冒険したモチーフを使いながら、
逆説的に介護の問題を考えさせ、
人間同士の深い関わり合いを描いた
なかなかの秀作だった。

            採点 7.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★☆
                演出  ★★★★☆
                配役  ★★★★★
                音楽  ★★★☆☆
                新鮮さ ★★★☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶対彼氏  最終章スペシャル

企画:金井卓也
プロデュース:橋本芙美
演出:土方政人
脚本:根津理香、深沢正樹
原作:「絶対彼氏」渡瀬悠宇
音楽:福島祐子、audio highs
主題歌:「おかえり」絢香
制作:フジテレビ、共同テレビ
出演:速水もこみち、水嶋ヒロ、相武紗季、国仲涼子、内田朝陽、
   佐々木蔵之介、真矢みき、中村俊介、山本圭、篠井英介、寺田農、
   峯村リエ、上野なつひ、猫背椿、佐戸井けん太、河本麻希、英玲奈、
   入江甚儀、綿貫正市、加治将樹、桜木涼介、他

08年4〜6月期に放送された連ドラの続編SP。
やらない方が無難なのにやっぱりやってしまうのが
テレビドラマの悲しいところか。

天才科学者の神谷(国仲涼子)と
神谷がかつての恋人を想って作ったロボット、
純(内田朝陽)も登場して、
自我に目覚めたロボット側の気持ちは
それなりに描けたと思う。

でも、梨衣子(相武紗季)や創志(水嶋ヒロ)は
何とも雑な描き方だった。
梨衣子の成長も中途半端だったし、
創志はどこまで人がいいんだって感じだったし。

どうしても続編を作るなら、
せめて創志はナイト(速水もこみち)の再起動を
ハッキリとは知らないまま話を作った方がよかったと思う。

そうすれば創志側からは梨衣子が久しぶりに日本へ帰ってきて
ナイトのことを思い出してるのかと不安を抱く程度で、
梨衣子側からはすべてを想い出として封印しようとしていたのに
ナイトがまた現れて混乱する、という構造で見せられたと思う。

社長(山本圭)があっという間に病院へ運ばれたり、
梨衣子がビルから落ちても助かったりするようなところを
もっとうまく使えば、
創志がナイトの復活を想像するような見せ方は
いくらでもできたと思うし。

その上でナイトがロボットであることの現実を改めて受け止め、
梨衣子の幸せを願うなら自らを完全に破壊するしかない、
と決断する結末に持っていっても
十分に話は繋がったと思う。

あと、ナイトと創志の違い。
自我が芽生えたと言っても、
ナイトの“愛してる”はあくまでもプログラムによるもので、
100年経っても無条件に愛し続けてくれる。
でも、創志は違う。人間なので。

だから梨衣子は創志にきちんと向き合わなければいけないわけで、
そこをもっとハッキリと描くべきだった。
恋人型ロボットという設定は
まわりの人間をしっかり描いてこそ活きる設定なのに…。

軍事機密を盗んだとか、
「アサモト」の新メニューが発表できないとか、
たいして本筋に活かせてない話ばかり入れて
肝心なところを雑にやってしまったのが何とも残念だった。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★★☆
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★★★★
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

VOICE[ヴォイス]  最終話

演出:成田岳
脚本:金子茂樹

理事長(山田明郷)が佐川(時任三郎)の指導法を
生徒の自主性に任せすぎると指摘したり、
佐川自身も大己(瑛太)に
想像するだけで終わらせちゃダメだと言ったりするところは、
作品全体のテイストと辻褄が合っていて良かったと思う。

やっぱりこのドラマは
法医学によって死者の声を聞いていたわけじゃなく、
あくまでも、なぜなぜ君の大己を中心に、
法医学ゼミで学ぶ少年探偵団が
解剖室の外で推理していただけなので。

それを改めて確認した上で、
哲平(遠藤雄弥)は科警研を目指すことを決め、
亮介(生田斗真)は実家の病院を嗣ぐことを決め、
大己は法医学を続けることを決めるといった、
それぞれが将来の目標を定めて歩き出すところまでを描いていたのは
それなりに筋が通っていたと思う。

要するにこの作品は
大己たちのモラトリアムを描いた青春ドラマで、
そういう意味では全体のテイストは一貫していたと思う。
舞台を中途半端に法医学ゼミにしていたり
「VOICE」なんてタイトルをつけたりしていたことで、
最初はもっと深いドラマなんじゃないかと期待してしまったけど。

前作や前々作に比べればずっと見やすかったけど、
基本的には最近の月9の作り方を踏襲した作品だった。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★★☆
                主題歌 ★★★☆☆
                音楽  ★★★★☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★★☆☆

          平均採点 6.05(10点満点平均6)


ヴォイス~命なき者の声~ DVD-BOXヴォイス~命なき者の声~ DVD-BOX
瑛太, 生田斗真, 石原さとみ, 遠藤雄弥


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/23

帰ってくるのか!? 33分探偵 六郎小学生  #09.5

プロデュース:鹿内植、森谷雄
演出:森谷雄
脚本:福田雄一
音楽:石田勝範
主題歌:「Secret Code」KinKi Kids
制作協力:アットムービー
制作:フジテレビ
出演:前田旺志郎、小野花梨、石井毅、林凌雅、福田響志、中村咲哉、
   志賀廣太郎、安田顕、黄川田将也、中村ゆり、阿南健治、
   阿南敦子、鈴木正幸、他

昨年放送された「33分探偵」の続編が
次週から次のドラマが始まるまでの4週間だけ復活することになって、
今回はそのさらにつなぎとして六郎の小学生編。

完全にパターンは同じで
ただ小学生がやってるだけなんだけど、
それがやたらに面白かった。

六郎の小学生役を演じていたのは
まえだまえだの弟・旺志郎で、
似てる似てないは別にして可愛かったと思う。

リカコのポジションでツッコミを入れていたのは、
「ゴンゾウ」での子供杏子が記憶に新しい小野花梨。
旺志郎より2歳上なので当たり前かもしれないけど、
この年頃はどんどん大きくなるなあ。
でも相変わらず肌は真っ白だった。

やっぱりこのドラマはツッコミを丁寧に入れてるところが特徴で、
小野花梨がそれを忠実にやっていたのが良かった。
ヘン顔も可愛かったし、
自力ストップモーションがぐらぐらなのがまた可愛かった。

通常の復活が4週だけというのは寂しいけど、
このドラマはむしろそれくらいの方がいいのかも。
次回からの大人版がさらに楽しみになった小学生編だった。

            採点 7.0(10点満点平均6)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

RESCUE〜特別高度救助隊〜  Final Mission 救助編

演出:倉貫健二郎
脚本:山浦雅大

大地(中丸雄一)の懲戒免職は取り消しになって
徳永班も再結成されてめでたしめでたし。

都合よく災害が広がって
それをひとつずつクリアしていくところは
RPGみたいでいちいち笑えたけど、
最後までこのドラマらしかったんじゃないだろうか。

新しい切り口は何ひとつなかったし、
大映テイストの作りはコメディでさえあったけど、
視聴者のターゲットを絞った割り切った作品としては
まあアリだったと思う。
個人的にはかなりきつかったけど。

            採点 5.5(10点満点平均6)

                脚本  ★☆☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★☆☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                音楽  ★★☆☆☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 5.50(10点満点平均6)

RESCUE ~特別高度救助隊~ DVD-BOXRESCUE ~特別高度救助隊~ DVD-BOX
中丸雄一, 増田貴久, 山本裕典, 石黒英雄


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーストタウンの花

プロデューサー:大江達樹、河角直樹
協力プロデューサー:酒井昌雄
監督:常廣丈太
脚本:福田健一
制作協力:国際放映
制作:テレビ朝日
出演:桜庭ななみ、永山絢斗、波瑠、勝村政信、渡辺典子、生稲晃子、
   木村遼希、森田想、鈴木福、江良陽彩、加藤将太、加藤諒、
   春日勇人、巻嶋一将、他

第8回テレビ朝日21世紀新人シナリオ大賞受賞作。
前回の「フキデモノと妹」はかなりポップな味付けだったので
ちょっと異質な感じだったけど、
第6回の黒川智花と水嶋ヒロが共演した「彼女との正しい遊び方」や
第5回の新垣結衣が主演した「彼女の恋文」など、
このシナリオ大賞は新鮮な切り口の秀作が多いイメージ。
今回も想像以上に良かった。

寂れたニュータウンに住む高校生の日常を切り取ったストーリーで、
前半にいい意味で軽いテイストの会話が飛び交っていただけに、
終盤でさまざまな問題を抱えながら
精一杯に生きている高校生たちの姿が重なっていくところは、
かなり沁みる展開だった。

しおり(桜庭みなみ)と啓(永山絢斗)の
それぞれの家庭の事情を知った上で
リナ(波瑠)が2人を引き合わせていたわけだけど、
そこをあまり大袈裟に盛り上げず、
サラッと描いていたところがむしろ良かった。

リナ自身も複雑な問題を抱えていて、
従兄弟の啓と同級生のしおりが大きな支えになっているんだけど、
そのあたりもくどい描写はせずに、
しおりと啓が会ったその日からつきあい始めるといった展開で
2人とリナとの信頼関係を補足している見せ方も良かった。

オタクの3人組も
全体のバランスを考えると存在価値はあったと思う。
しおりが優等生キャラを維持しつつ、
うまくガス抜きしていたとも取れるし、
ドラマの雰囲気としても暗くならない要素になっていたし。

会話の文字数が多いせいもあって、
セリフが聞き取りにくい箇所は多かった。
それでも「赤い糸」や「恋空」にも出ていた
桜庭ななみ、永山絢斗、波瑠の3人は
なかなかいい雰囲気を出していたんじゃないだろうか。

深刻さと軽さの狭間をリアルに捉えた
印象に残る作品だった。

            採点 7.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★☆
                演出  ★★★★☆
                配役  ★★★★☆
                新鮮さ ★★★☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブ・シャッフル  最終回

演出:土井裕泰
脚本:野島伸司

宇佐美(玉木宏)の公平さや正義感は、
政治家を目指すという形の収め方だった。
確かに筋は通ってるかもしれないけど、
最後は主題歌通りにファンタジーになってしまった感じ。

結婚式間際で宇佐美と芽衣(貫地谷しほり)が別れることになったんだから
何だかの段取りはつけなくちゃいけなくて、
ここもファンタジーっぽく、
諭吉(DAIGO)がM&Aで芽衣の父親の会社を買収、
役員の現状維持を条件に芽衣と結婚するという展開に。

一応、芽衣と諭吉のキャラを守りつつ話を収めていたものの、
招待状の名前が違うのはプリントミスとか、
さすがにコメディ色が強い段取りだった。
出だしの演出というか、
見せ方の順番を工夫することでだいぶカバーはしていたけど。

玲子(小島聖)の子供は菊田(谷原章介)が父親ということで、
ここも2人の今後が想像されるような描き方。
でも、玲子の現実的な問題は曖昧なまま終わった感じだった。

菊田も旺次郎(松田翔太)のひと言はあったものの、
これまで以上の説明はなかったし、
玲子と菊田の描き方はちょっと中途半端だったな。
それにしても亀井(袴田吉彦)の姉は何のために出てきたんだろう。

予想に反してすべての組み合わせが変わるという
ある意味、ひねりのない終わらせ方だったけど、
芽衣が諭吉に言った“あなたを愛せる”と、
菊田と玲子が手を繋ぐシーンはいらなかった。
この2組はもっと想像させる範囲を残しておいた方がよかったと思う。

海里(吉高由里子)に絡む話がいちばん野島伸司らしくて、
結果的に旺次郎と海里のところが
ストーリーとしては面白かった。

ドラマの中盤以降は、
この海里絡みの話でそれなりに盛り上がったと思う。
最後は普通のラブコメディになってしまったけど、
それは最初からそのつもりだったんだろうし。

問題はコメディっぽいセリフは多かったのに
まったく笑えなかったこと。
あんなにセリフで遊ばなくてもよかったのにな。
「ゴールデンボウル」は面白かったので、
あれくらいのバランスでやって欲しかった。

まあ、途中は野島伸司っぽい面白さも堪能できたので
それだけでいっか。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★★☆
                主題歌 ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.85(10点満点平均6)

ラブシャッフル [DVD]ラブシャッフル [DVD]
玉木宏, 香里奈


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット  #10

演出:山田勇人
脚本:林誠人
脚本協力:福田雄一

女性陣が共謀してるのは
かなり早い段階で分かる内容だったので、
リセットしても結果が同じことが分かりすぎて
いつも以上に面白みに欠けた。

でも、次回はゲストが高橋真唯なのでちょっと期待。
「妄想姉妹」では3人の中で高橋真唯が一番いいので。
ていうか、これいつまでやるんだろう。

            採点 5.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありふれた奇跡  最終回

演出:田島大輔
脚本:山田太一

最後まで見応えのある
丁寧で質の高い最終回だった。

一番見事だなと思ったのは、
翔太(加瀬亮)の嫁は子供が産めないとダメだと言っていた
戦災孤児の四郎(井川比佐志)が、
その考えを変えていく過程。

戦後の本当のどん底を知っている四郎が、
人間の本当の醜さを知っている四郎が、
同居したいという神戸(松重豊)の申し出を断り、
翔太から何を怖がっているんだと言われ、
今は決してどん底なんかじゃないのに
どん底のような考え方をしていたと気づく過程は、
本当に見事な流れだった。

ここは翔太の成長や四郎という人間も描いていたけど、
現代をしっかり見据えた内容だったと思う。
中城家と田崎家が集まったシーンで、
四郎が“どん底はこんなもんじゃない”と言うところは、
若造のほっぺたをはり倒すような説得力があった。

前回の終わりで加奈(仲間由紀恵)が赤ちゃんを預けられた話も、
ケルトの伝説をモチーフにしつつ、
加奈と翔太が決して自分たちが無力ではないことを感じ、
不安が溶けていくエピソードとして効果的だったと思う。

母親(末永遥)が戻ってきたあと、
約束通りにホテルへは行くんだけど、
品を失わない描写で2人の希望を描いたところも良かった。

藤本(陣内孝則)が
子供を育てていく自信を失った母親の世話を焼いていくという部分は、
もう少し具体的な描写のシーンがあってもよかったと思う。

でも、藤本が生きていく上での活力や、
もうひとりではないことの象徴、
そして何より、加奈も子供の成長を
影ながら見続けることができるかもしれないことを想像させたので、
初回冒頭のシーンと同じ場所で
最後にみんなで会う終わり方は良かったと思う。

とにかくこの最終回は家族会での四郎のセリフに尽きるけど、
その前の律子(キムラ緑子)と桂(戸田恵子)のシーンもやたら良かった。
2人の母親をしっかり描いてて。
“幸せとか、そんなことばっかりで生きてないもの”
という律子のセリフはとくに印象的だった。

結局、加奈が死のうとしたことがあることは
家族に話さなかったけど、
それは何の支障もなかった。

みんないろんな問題を抱えていて、
秘密にしていることもたくさんあって、
それでも支え合っていけるということは、
きちんと描けていたと思う。

ちょっと残念だったのは、
CMに入る時に音楽が無造作に切られることが多かったこと。
これはドラマの序盤からけっこう気になっていた。

音楽が悪いというより、
編集・MAの時のこだわりの問題だと思うけど、
余韻がブツっと切られること多かったので、
それだけはどうにも残念だった。


70年代のホームドラマは
家族がみんなお茶の間で食事をしていたのに、
その最中で実際は崩れていっている家族の姿を
山田太一は「岸辺のアルバム」というドラマにしていた。

今は逆にみんなバラバラで自分勝手のようだけど、
ささやかな絆、ありふれた奇跡は存在している。
そこを今回は丁寧にドラマにしていたと思う。

セリフまわしが独特で、
現代の話し言葉との違和感は確かにあるかもしれない。
それでもやっぱり山田太一は
現代のドラマを描き切ったと思う。

            採点 8.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★★
                演出  ★★★★★
                配役  ★★★★★
                主題歌 ★★★★★
                音楽  ★★★★☆
                新鮮さ ★★★☆☆
                話題性 ★★★☆☆

          平均採点 7.36(10点満点平均6)

ありふれた奇跡 [DVD]ありふれた奇跡 [DVD]
仲間由紀恵, 加瀬 亮, 風間杜夫, 戸田恵子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/19

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜  最終話 神隠し

演出:猪股隆一
脚本:松田裕子

キイナ(菅野美穂)の言葉を雅(沢村一樹)が信じて
捜査本部の方針としたところは、
前回からの流れもあって良かったと思う。

ただ、最終回にサブリミナル効果っていうのもなあ。
キイナには見えたというのがキモなんだろうけど、
サブリミナルで神って言われても…。
加藤雅也がゲストだったのにもったいなかった。

やっぱり全体的にみても
企画に内容がついていってない感じだった。
もう少し毎回のネタに新鮮味があったらよかったんだけど。

それでもキイナと真一郎(塚地武雅)の関係は
ちょっと面白かったと思う。
キイナのキャラクターと2人の関係は
このドラマの大きな魅力だった、、、かも。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★☆☆
                主題歌 ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★★☆☆

          平均採点 6.11(10点満点平均6)

キイナ~不可能犯罪捜査官~DVD-BOXキイナ~不可能犯罪捜査官~DVD-BOX
菅野美穂, 平岡祐太, 塚地武雅, 小池栄子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアングル  Final 決着

演出:三宅喜重
脚本:水橋文美江

とりあえず、前回、前々回と続いていたおかしなシーンが
ワザとだったのはよかった。
まあ、作り方が雑で強引だったことには変わりないけど。

結局、警察OBの代議士という上の人間と
その弱みを握っていた新藤(宅麻伸)との関係は
詳しく描かれないままだった。

しかも、真犯人にこれまで捜査の手が及ばなかったのは
たまたまそれが隠れ蓑になっただけで、
完全に単独犯だったという内容。

うーん、まず新藤のところは
いくら何でももう少し説明が必要だったんじゃないだろうか。
新藤は容疑をかけられた程度で
25年前の事件当日はアリバイもあるわけだから、
当時は警察の上層部にいたであろう現・代議士が
人事操作してまで事件そのものを揉み消そうとしたことに説得力がない。

実際に新藤が罪を犯していたか、
あるいは警察官が起こした事件という真実自体を
隠蔽しようとしていたならまだ分かるんだけど。

あと、八ヶ岳の火災のところも
かなりうやむやにしたままだったと思う。

なぜ事件から10年も経った時に、
亮ニ(江口洋介)だけでなく
別荘に放火するという方法で
家族全員を狙わなくてはならなかったのか。

あれがまだ均(大杉漣)を狙ったものなら分かる。
もともとの動機が均に対する恨みだったので。
でも、亮二が何かを話そうとしていたなどのエピソードもなく、
唐突に10年経って別荘に放火したと結果だけ言われても
納得できなかった。

そのあたりがいろいろと雑だったので、
テーマに関わるような終盤の亮二や丸山(小日向文世)のセリフも
ほとんど沁みてはこなかった。

時効によって罪を償うこともできなくなったと言われても、
そのあとにいっぱい罪を犯してるし、
3人で動いてると他に犯人がいてくれたらと思ったと言われても、
その間に闇ルートでライフルを手に入れるなど
いろいろと計画的に行動してるし。

結局、犯人は誰だ的な部分で盛り上げただけで、
大事なことはほとんど描けなかった感じだなあ。

連ドラとしてはいろいろと新たな事件が起きないと
引っ張れないという事情は分かる。
手っ取り早く興味を持続させるには
いろんな登場人物をあやしく見せて、
犯人に探しで盛り上げた方がラクなのも分かる。
そもそも原作のエンディングは連ドラに向かないので、
事件そのものを作り出すところから始めたのも分かる。

でも、単なるサスペンスではなく、
ヒューマンドラマとしての側面の方が強い作品なんだから、
もっと登場人物の日常の中で
事件を忘れられないでいる人、
人生が狂ってしまった人、
自分の人生を生きられないでいる人を描いて欲しかった。
その中で人が心に受けた傷に時効はないことを描いて欲しかった。

水橋文美江ならそれができたはずなのに、
なんでこんな既存のスタイルにハメ込んだ
ちょっと派手なだけのドラマにしてしまったんだろう。

タイトルにもなっているトライアングルも
ほとんど表現できてなかったと思う。
ちなみに原作では、
亮二ーサチー佐智絵、
サチー亮二ーサチの兄、
清子ー佐智絵ーサチ、
担任の先生ー佐智絵ー担任の先生の娘など、
いろんなトライアングルが絡み合った内容だけど、
ドラマではそういう人間関係自体もミスリードのネタにしてしまったので、
テーマに絡んだ心理描写も
最後の方に取って付けたようになっただけだった。

たぶん、担任の先生を登場人物から外してしまった時点で、
テーマを本気で描く気はなかったんだろうな。

キャストは豪華で放送前の期待値は高かっただけに
何とも残念なドラマ化だった。

            採点 5.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★★☆
                主題歌 ★★★★★
                音楽  ★★★★☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.09(10点満点平均6)


トライアングルDVD-BOXトライアングルDVD-BOX
江口洋介, 稲垣吾郎, 広末涼子, 相武紗季


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイちゃんの執事  10 Final

演出:石川淳一
脚本:古家和尚

詩織(山田優)の問題は、
メイ(榮倉奈々)のキャラクターを活かして
詩織をメイが抱きしめるという収め方。
あのシーン自体は悪くなかったと思う。

あと、剣人(佐藤健)の落とし所も、
剣人と理人(水嶋ヒロ)の会話を使って
何とかうまく収めた方じゃないだろうか。
あそこはメイにいろいろ言わせなかったところが良かった。

それ以外はいつものドタバタ中心で、
コントとしてのクオリティーも上がらないままだったけど。

全体的にはドラマ化する上で舞台が単調にならないように
メイが育った田舎の仲本家を出していたけど、
そんなに効果的ではなかったと思う。

あと、学園内も人数を増やすなら
メイのクラスメートではなく、
ソーレ側を増やしてキャラを立てた方がよかった気がする。

クラスメート6人(執事を併せて12人)のつながりが
前半からしっかり描けていたら、
全体の雰囲気もまた違っていたと思う。

でもまあ、最初からこういうノリのドラマを目指していたんだろうし、
それなりに数字も取れたからテレビ局としてはいいのか。
個人的にはとにかく笑えないのがつらかった。

            採点 5.5(10点満点平均6)

                脚本  ★☆☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★★☆☆
                主題歌 ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★★☆☆

          平均採点 5.80(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOICE[ヴォイス]  第10話

演出:松山博昭
脚本:金子茂樹

貴之(名高達郎)が友人である作家・桜井(田村亮)の尊厳死、
ていうか、自殺に手を貸したという内容だった。
そのことを桜井の妻(麻生祐未)には伝えない約束があったので、
カルテの改ざんまでしたという。

将棋のエピソードなどは
またワザとらしい盛り込み方ではあったけど、
亮介(生田斗真)にスポットが当たった回としては
それなりの見応えはあったんじゃないだろうか。

これまで通り医学はあくまでも舞台設定だけなので、
貴之の医師として描き方がテキトーでも
今さらどうってことないし。

法医学だけですべてが証明できるわけではない、
というところを亮介たちが感じた部分は悪くなかった。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/16

本日も晴れ。異状なし  最終話

演出:武藤淳
脚本:藤本有紀

まさかこのドラマで発砲事件が起きるとは。
ただ、これまでがあまりにも単調だったので、
盛り上がったと言えば盛り上がったと言えなくもないか。
それにしても、へちま荘の宿泊客・安土(中村靖日)は、
ずいぶんと気長な仕込みだったなあ。

別に足止めされてる理由もなくて、
普通に定期船で拳銃は外に持ち出せたんじゃないかとか、
なんで警察官の勤務地がそんなに希望通りなんだとか、
そもそも廃校問題はどうなったのかとか、
最終回もツッコミどころは満載だった。

だいたい白瀬(坂口憲二)の立花(布施博)に対する説得も
そんなに心を揺さぶられるようなものではなかったし…。

結局、このドラマは白瀬が島でしてきたこと、
白瀬が島民に与えた影響という部分が、
染みるように描けなかったのが痛かったと思う。

それができていれば派手さのないストーリーでも
この最終回はもっと活きたと思う。
できなかったのは沖縄で撮影する季節とか、ロケ地とか、
キャスティングとか、いろんな要素を加味してのことだと思うけど。

企画自体はそんなに悪くなかったものの、
仕上がりはかなり残念だった。

            採点 5.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★☆☆☆☆
                配役  ★★☆☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                音楽  ★★☆☆☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

          平均採点 5.56(10点満点平均6)

本日も晴れ。異状なし‾南の島 駐在所物語‾  [DVD]本日も晴れ。異状なし〜南の島 駐在所物語〜 [DVD]
坂口憲二, 松下奈緒


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭ゲバ  最終話

演出:大谷太郎
脚本:岡田惠和

最後までやりきったなあ。
想像する幸せな生活と実際にやってきたことが
風太郎(松山ケンイチ)の中でオーバーラップする見せ方は、
予想してないと面食らったかもしれないけど、
各シーンの作り方や編集は良かったと思う。

とくに風太郎と健蔵(椎名桔平)が酒を飲むシーンは
想像の世界でも風太郎の死後にもあったので、
かなりグッと来た。

ただ、ラストはどうなんだろう。
風太郎のセリフの内容自体は必要だったかもしれないけど、
ドラマの見せ方としてはもう少し別の方法でもよかったような気がする。

いや、実際はあの後に風太郎が不様に死を恐れるわけで、
その時間軸を逆にした見せ方自体は秀逸だったと思う。
だから単純にラストシーンの作り方はあれで良かったのか、
というだけのことなんだけども。

見ている側にもいろいろ想像させる
最終回全体の作り方は良かったと思う。
カネを返して元の生活に戻った健蔵、
カネを受け取って生活を立て直した伊豆屋、
新たな銭ゲバとなりそうな春子(志保)などなど、
正解や正しさが曖昧な問題を描いていたからこそ、
捉え方がいろいろになる作り方はむしろ良かった。

個人的には、前回の伊豆屋のシーンで
風太郎が悟った自らの死を完遂させたことと、
想像する世界で茜(木南晴夏)と幸せに暮らしていたことで
かなり納得がいった。

そういう意味では伊豆屋にお金を送ったことも
一貫性はあったと思う。
最後の最後は不様に怯えて死んでいったのも、
人間・風太郎を見られて良かった。

賛否両論ある作品だったとは思うけど、
とにかく描きたいことをブレずにやったところはスゴかった。
いろんな方面に迎合して日和るドラマが多い中、
徹底してやりきった姿勢は評価されていいと思う。
土曜9時枠では「女王の教室」以来か。
たまにこういうのをやってくれると
新鮮な気持ちでドラマが見られるからいい。

あと、この作品は役者の頑張りもスゴかったけど、
映像や音楽も質が高かった。
それが全体のクオリティーも上げたと思う。

当然、見る人によって好き嫌いはあっただろうし、
最終回は全否定という人もいるだろうけど、
コミック原作のドラマ化としてはかなりの逸品だった。

            採点 7.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★★
                演出  ★★★★★
                配役  ★★★★★
                主題歌 ★★★★★
                音楽  ★★★★★
                新鮮さ ★★★★☆
                話題性 ★★★☆☆

          平均採点 7.11(10点満点平均6)


銭ゲバDVD-BOX銭ゲバDVD-BOX
松山ケンイチ, ミムラ, 宮川大輔, 木南晴夏


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RESCUE〜特別高度救助隊〜  Mission8 救助編

演出:倉貫健二郎
脚本:渡辺啓

結局、五十嵐(田中要次)は殉職。
でも、お馴染みの消防葬での敬礼シーンのあと、
服務規程違反で徳永班は解体、隊員は所轄へ異動、
そして大地(中丸雄一)は懲戒免職という展開は良かった。

服務規程違反の中に、
せっぱ詰まった現場でのおしゃべりが長すぎるから、
というのがあるのかどうか知らないけど、
とにかくここで命令違反はダメということを
容赦なく形にしたのは良かったと思う。
まあ、どうせまた集まるんだろうけど。

今回のファイヤードラゴンの陳(佐藤二朗)のシーンは
さすがに空気が読めなさすぎだった。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌のおにいさん  Final Act

演出:長江俊和
脚本:永田優子

ラストで「みなうた」が復活するのは
ドラマのテイストからして当然としても、
最終回の内容としては今イチだった。

前回から振ってはいたけど、
大野智が主題歌を歌うのが目的だったような感じ。
黒柳徹子もまた繋がりに関係なく出てきちゃって、
最終回らしいまとまりには欠けていた。

もう少しメッセージ性を出しつつ
楽しい最終回になると思ったんだけどな。
ちょっと残念。

でもまあ、全体的には楽しめたと思う。
オンエア前はあまり情報が出ていなかったので、
今期一番の大穴だったと言ってもいいかも。

他のドラマで笑えるものが少なかったせいか、
戸次重幸、片瀬那奈、須藤理彩、金児憲史あたりのコテコテさは
ストレスのないコメディとして楽しめた。

あと、ストーリーには関係ないけど
木村佳乃が妙に艶っぽかった。

            採点 5.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★★☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★☆☆
                主題歌 ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.25(10点満点平均6)

歌のおにいさん [DVD]歌のおにいさん [DVD]
大野智


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブ・シャッフル  Vol.9

演出:山室大輔
脚本:野島伸司

菊田(谷原章介)の真意は、
あくまでも医者として海里(吉高由里子)を救うことだった。
その方法が海里に自分が死んだあとの世界を見せること。

しかも、憔悴する旺次郎(松田翔太)の姿だけではなく、
そこから立ち直る姿も見せて、
タナトスからエロスへ向かわせようというものだった。

なるほど。確かにそれなら
アーティストとして怪物になる旺次郎も描けるし、
菊田自身が過去を消化するためのひとつの方法にもなる。

さらに、その考え方から宇佐美(玉木宏)が
自分が死んだあとをイメージしてパートナーを見つめ直すようになって、
宇佐美と愛瑠(香里奈)のカップル成立が色濃くなった。

そう思うと亀井(袴田吉彦)の使われ方は可哀想。
ただ、唐突に亀井の姉が登場したので、
その姉がかつて菊田が死んだ恋人に紹介してしまった女性なんじゃないだろうか。
菊田が完全に過去を乗り越えられたわけじゃないので、
そのあたりは最終回の見どころか。

それにしても、宇佐美が言っていた
死んだあとに残された人への影響も含めて
その人の人生かもしれないという言葉。
そこも考えて60年近く前に死んだジョー・ジャクソンの
“嘘だと言ってよジョー”を連発させていたんだろうか。
だとしたら込み入ってるなあ。

全体的には「薔薇のない花屋」のように
終盤に向けてだんだんとあっさりしてきて、
まさに「男女7人」化してきた感じだけど、
最終回は何とか玲子(小島聖)で見応えを出して欲しい。

            採点 7.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット  #9

演出:白川士
脚本:田辺茂範
脚本監修:林誠人
脚本協力:福田雄一

前半からこれくらいバカバカしいコントになっていると、
それはそれでラストでのバランスは取れる感じ。

それにしても、これだけ吉本テイストが強くなっても、
アンリ(田中直樹)が出てくるとイラっとするのはなぜだろう。
結局、笑えないことには変わりないからかも。
「ミラクルタイプ」での田中直樹は好きだったんだけどなあ。

            採点 5.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありふれた奇跡  第十回

演出:田島大輔
脚本:山田太一

藤本(陣内孝則)を最終的にどう描くかは
ちょっと興味があったところだけど、
今回の藤本の描き方はかなり見応えがあった。

冒頭で世の中の不景気と仕事を得る大変さを改めて強調した上で、
藤本が四郎(井川比佐志)や朋也(岸部一徳)に会いに行く展開。
最初は加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)のことに
首を突っ込みすぎる印象があったけど、
仕事やお金を何とかしたいという焦りにも似た感情と
決してそれが目的ではないというプライドの狭間が
実にせつない感じで描かれた。

一度は死のうとした藤本が
助けてくれた加奈と翔太に別れて欲しくないという気持ちも真実で、
だからこそ頑張って仕事とお金を手にした時の喜びと
2人に礼がしたいとランチに招待した時の藤本には
訴えるものがあった。

お金を出したり、すぐに仕舞ったり、
のぼせちゃいけない、でも一回くらい見栄を張りたいと、
すべてをさらけ出す藤本は何だか見ていても気持ちよかった。

その藤本にお金を渡そうとしたところもそうだけど、
四郎の人間くささが描かれたところも良かったと思う。
律子(キムラ緑子)がむかし苦労した頃のことを、
一度だけと話したシーンはちょっと泣けたなあ。

四郎、律子、そしてその話を聞く翔太と重夫(風間杜夫)、
それぞれを生きている人間として描いていた。
地味だけどすごくいいシーンだったと思う。

加奈が中絶していたことを知らされたり
藤本に金を渡したりした朋也が、
地道に辛抱強く生きてるんだと、
また女装を始めたりするところも人間くさかった。
加奈や翔太とのニアミスはちょっとドキドキしたけど、
朋也と重夫のこの趣味が発覚することは最後までないように思う。

前半の“ちょっとおかしい”藤本を心配して加奈と翔太が会い、
2人の感情がまた揺れていく流れも自然だった。
そして、最後に見知らぬ女性(末永遥)から
赤ん坊を託されてしまうところで最終回に。

この赤ん坊を2人が育てることはまずないと思う。
ただ、赤ん坊を抱いた加奈にどういう変化が出るか。

最終回は中城家と田崎家の話し合いが見どころになりそうだけど、
加奈が死のうとまでしたことがあることを
まだ中城家は知らないはずなので、
そのことを告げるのかどうか。
言わなくても希望の光が見えるのか。
最終回を楽しみに待ちたい。

            採点 7.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/12

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜  第8話 死者からのメッセージ

演出:山下学美
脚本:田中一彦

ずっと引っ張ってきた雅(沢村一樹)の過去に関わる事件。
雅自身が被害者の幽霊を見たり、
屍蝋化して見つかった遺体に絡めて、
キイナ(菅野美穂)が雅に
すべてを頭から否定はしない、
大切なのは受け止め方だと話すシーンは、
このドラマらしくて良かった。

取調室までズカズカと入ってきた代議士(宍戸錠)が犯人だったり、
遺体発見時の現場検証ではスルーされた腕時計が
一課の捜査であっさり見つかったり、
事件の真相や解決までの流れなどは、
ここまで引っ張ってきたわりにゆるゆるだったと思う。

でもまあ、キイナが腕時計を見た瞬間に
記憶した映像から誰がしていたかを思い出すなど、
作品の個性はスムーズに活かしていたんじゃないだろうか。

このネタが最終回ではなかったので、
時間延長のラストは事件そのものも
もう少し見応えのあるものにして欲しい。

            採点 6.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアングル  10 十字架を背負う者たち

演出:木内健人
脚本:水橋文美江

引っかけでも何でもなくサチ(広末涼子)が死亡。
もうトライアングルが何なのか、
テーマが何なのかも分からなくなってきた。

死ぬ前にサチと清子(風吹ジュン)が話すシーンも、
2人が本当の親子になろうとした描写がほとんどなかったので
ちっとも感動的じゃなかった。
実の娘を失って本当におかしくなっていた清子は
サチを失ってもあっさり立ち直っていたくらいだから、
最初から自分の人生を生きていたような気もするし。

それにしてもまたおかしなシーンがあった。
丸山(小日向文世)の拳銃を課長(江上真悟)が持ってきたところ。
単純に考えれば課長も上層部の手先ではないかということだけど、
もし丸山がこのまま何も関与してないのなら、
前回のロッカーのシーンや証拠を押収したシーンは
裏がないことになってしまう。

丸山と課長の2人とも関与してるなら
あのシーンは意味がないことになるし、
もうどう転んでもおかしくなっちゃうんじゃないだろうか。

とりあえず、ムリヤリ事件に興味を持ってみると、
信造(北大路欣也)の話を信じるかどうかにかかってきそう。
そのまま受け取れば警察の上層部に問題がありそうだけど、
それを素直に受け取っていいのかどうか。

秋本(佐々木蔵之介)が亮ニ(江口洋介)に
“RYO”と書かれたカバンの件を話した時に、
そのカバンを持っていこうとした人物を知っているかどうかは
曖昧な見せ方だった。

秋本は均(大杉漣)と会っていたので
その後は亮二が均を疑うような流れになったけど、
秋本は信蔵とも会っているわけで、
うっかり八兵衛の亮二がまた間違えてる可能性もある。

信蔵の話に嘘がないのなら
2分の1成人式の作文が書き換えられていたことからも
警察内部に真相を隠そうとしている人物がいることは確かになって、
少なくともサチの殺害などは課長などの方が怪しくなる。

あとは中畑の野球カード問題か。
あれは亮二が落としたものじゃないだろうか。
で、何か他のものを持っていってしまったので、
“RYO”のカバンを探そうとしたとか。

まあ、どうでもいいか。
25年前の事件当日は雨という改めての説明に
またイヤな予感がしてきた。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の雫  最終章

演出:中島悟
脚本:渡辺雄介

豊多香(古谷一行)と雫(亀梨和也)、
一青(田辺誠一)の関係だけでなく、
マキ(内田有紀)が妊娠する話も加えて、
テロワール(ブドウ畑の性質)、受け継ぐもの、親子、
などをキーワードにまとめた最終回だった。

ただ、最初から勝手にまとめられる話でもなかったし、
事実上、空中分解したようなドラマだから、
ワインコレクションの行方とか、
マキの当初の思惑とか、
霧生(戸田菜穂)のキャラクターとかは
すべてうやむやにした内容だった。

雫の“みやびちゃん、好きだよ!”は、
もう投げやりなシーン過ぎて逆に笑えたけど…。
あと、一青が子供をあやすシーンは
キャラクターを守っててちょっと面白かった。

結局、このドラマはこの時期に
こういう形で映像化するべきじゃなかった、
ということだったんだと思う。

韓国で先にやられる前に
とにかくやってしまいたかったのかもしれないけど、
言ってみれば、熟成されてないワインを
暴力的に開けて飲んでしまったようなものだった。

設定だけを借りるなら
もっと違う作り方もあったと思う。
いずれにしてもワインのことを分かりやすく描きつつ
人間ドラマとしても成り立たせるには、
1話で1使徒はムリな時間だった。

この日本テレビの火曜10時枠は
次クールからドラマがなくなるので、
ある意味、あきらめのつく内容だった。

            採点 5.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★★☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                音楽  ★★★★☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

          平均採点 5.83(10点満点平均6)

神の雫 DVD-BOX神の雫 DVD-BOX
亀梨和也, 田辺誠一, 仲里依紗, 内田有紀


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイちゃんの執事  9

演出:木下高男
脚本:古家和尚

メイ(榮倉奈々)、理人(水嶋ヒロ)、詩織(山田優)の目的に
ちっとも説得力が出ないんだよなあ。

メイの両親のお墓のこと、本郷家の跡取りのこと、
恋愛感情、執事とお嬢様の関係など、
いろんなことをゴチャゴチャにしたまま進めてきたから
それぞれが何を一番手にしたいのか
曖昧になっちゃってるんだけど。

とにかく、メイがオンブラのままソーレの詩織に
デュエロを申し込むという暴挙に出て、
最終回は理人と忍(向井理)の戦いで盛り上げる展開に。
と思ったら、ラストで多美(谷村美月)が理人に
ボウガンを撃ち込むという行動に出た。

谷村美月も「必殺仕事人」でやれば裏稼業になるのに、
なぜこちらでやるのか。
ていうか、あれを防ぐのが本郷家に仕える
Sランク執事の能力ではないのか。

まあ、よく分からないけど、
最終回は何とか剣人(佐藤健)を納得いく形で収めて欲しい。

            採点 5.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOICE[ヴォイス]  第9話

演出:成田岳
脚本:金子茂樹

解剖の結果が生命保険の結果に影響して
遺族を悩ませるという、
法医学モノでは定番の内容。

でも、方法は間違っていたけど
家族を想っていたというメインの案件と、
亮介(生田斗真)の父親・貴之(名高達郎)の話が
ちょっとつながりそうな気配もあるからいいか。

これまでの貴之の描き方では、
単に病院の経営や保身だけを考えた
悪い医者という感じでもなかったし…。

亮介にスポットが当たった話が少なかったので、
次回の内容には少し期待したい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/09

本日も晴れ。異状なし  第8話

演出:加藤新
脚本:藤本有紀

本日は異状ありでへちま荘が火事。
少しやる気になっていた島民がヘコむものの、
白瀬(坂口憲二)を中心にみんなの気持ちがひとつになるという
結局はこれまでとあまり変わらない見せ方だった。

そして事情聴取されていた立花(布施博)が
ラストで那瑠美島に来る展開。
なぜ密輸事件に那瑠美島出身の人物が関係している噂が出たのか、
なぜその立花が釈放されたのかなどは分からないけど、
とにかく白瀬とキヌ(前田美波里)に因縁のある立花が
島へ現れたところで終わった。

ただ、次回はもう最終回。
結局、たいして盛り上がらないまま地味に終わっていきそう。
最終回くらい曇りじゃなくてホントに晴れないかなあ。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭ゲバ  第8話

演出:大谷太郎
脚本:岡田惠和

貧しくても大切なのはカネではなく心だと言っていた伊豆屋の家族も、
結局、カネのためなら何でもやるようになって、
やはり自分の考えは間違ってなかったと
風太郎(松山ケンイチ)は地獄へ行くことを決意。

ただ、最終回はどうするのか。
死ぬことは絶対に許さないとも言っていた緑(ミムラ)は
どう風太郎を見届けるのか。
誰も愛さないと言っていた風太郎が、
最後に茜(木南晴夏)をどう思い出すのか。
いずれにしてもエンディングをどうするかは興味深い。

健蔵(椎名桔平)がお金を返しに来て風太郎と話すシーンと
健蔵の描き方そのものはすごく良かったんだけど、
地震情報がずっと出てたのが残念だった。

            採点 7.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

浪花の華 〜緒方洪庵事件帳〜  全9回

制作統括:安原裕人
プロデューサー:高橋錬
演出:勝田夏子、菓子浩、佃尚能
脚本:前川洋一
原作:築山桂「禁書売り」「北前船始末」
音楽:佐橋俊彦
主題歌:「三日月」くるり
制作:NHK大阪
出演:窪田正孝、栗山千明、蟹江敬三、萬田久子、池内博之、
   杉浦太陽、宮内敦士、芦屋小雁、梶原善、他

文政年間の大阪を舞台にした青春時代劇。
最初は実在した緒方洪庵と
エンターテイメント性のある内容にギャップも感じたけど、
「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」も基本的にはそうだし、
そこに慣れてきたら面白く見られた。

とくに5・6話の「北前船始末」で
痘瘡治療に対する執念を見せる若き洪庵・章(窪田正孝)が描かれ、
章と左近(栗山千明)の距離が近づいてきたあたりからは、
かなり面白かったと思う。

この章と左近の関係にはやたらと萌え要素が多くて、
とくに左近も章を意識しはじめたのが分かってきてからは、
剣の達人で男装をしている姉キャラの左近と
勉学好きのよわよわ武士で弟キャラの章のシーンは
見ていても妙にドキドキした。

「ケータイ捜査官7」の放送中に
時代劇で窪田正孝が見られたのも新鮮だったけど、
クールな栗山千明がすごく魅力的だったと思う。

若狭(池内博之)がツンデレで
戦うとメチャクチャ強いってのも良かったな。
とにかくエンタメ要素はたくさん詰まっていた作品だったと思う。

これ、続編やって欲しいなあ。
「陽炎の辻」が飽きられてきたら次はぜひコレで。

            採点 7.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★☆☆
                演出  ★★★★☆
                配役  ★★★★★
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★★★☆
                新鮮さ ★★★☆☆
                話題性 ★★☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

RESCUE〜特別高度救助隊〜  Mission7 救助編

演出:松田礼人
脚本:八津弘幸

五十嵐(田中要次)が事故に巻き込まれるフラグが
最初から立っていて、
おそろしく簡単に不動(山本裕典)の問題が解決した後、
五十嵐がトンネル内に閉じこめられて終了。

今回もツッコミどころは満載だったけど、
“さっきのでワイヤーケーブルがイカれて使えません!”は
さすがに爆笑だったなあ。

もうすでに仲間を失う話はやったので、
ここは何とか五十嵐を死なせない方向で。

            採点 5.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌のおにいさん  Act・7

演出:長江俊和
脚本:永田優子

櫻井翔のゲスト出演も霞ませる勢いで
与六(加藤清史郎)が初回に続いて登場。
今度は“こんなところに来とうはなかった!”ではなく、
“また来ていい?”というセリフ付きだった。
お姉ちゃん役の尾崎千瑛も大きくなっててさらにビックリ。

「みなうた」の打ち切りが知れ渡って
みんなの気持ちがバラバラになり、
健太(大野智)の家の工場が本格的に苦しくなって
光雄(小野武彦)も倒れ、
ジゼルも空中分解しかかって明音(千紗)が失踪と、
内容的には最終回前らしい盛り上がりだった。

働くとはどういうことか、
そのあたりもしっかりと押さえつつ、
微笑ましい最終回を期待したい。

            採点 6.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブ・シャッフル  Vol.8

演出:坪井敏雄
脚本:野島伸司

亀井(袴田吉彦)の存在が最終的に
どういう影響を及ぼすかまだ分からないけど、
とりあえず宇佐美(玉木宏)と愛瑠(香里奈)の関係においては
ウサギとカメというポジションになった。

で、気になる人を心から追い出すという意味で
愛瑠と芽衣(貫地谷しほり)が同じような行動を取って、
宇佐美と愛瑠、芽衣と諭吉(DAIGO)の組み合わせで進展が。

ただ、宇佐美と諭吉の行動には少し違いがある感じだった。
宇佐美の公平さは恋愛においてはマイナスで、
愛瑠を引き留めた気持ちの中には
悲しい人がいても同情するだけで実際に助けようとしない自分がイヤ、
という宇佐美の心理が入っているような気もしたし。

そういう部分をパジャマパーティで宇佐美が話した時、
愛瑠が“あんた、もしかしてさ…”と言いかけたけど、
あの後は何と言おうとしたのか。
もし、宇佐美の芽衣に対する気持ちに疑問を感じたのだとしたら、
自分に対してもそうかもしれないと愛瑠は気づくかも。

いずれにしても、宇佐美、愛瑠、芽衣に関しては
同情と愛情の境目が曖昧なところもあるか。
そういう切り口での愛とは何かという描き方は、
野島作品では比較的よく見られると思うけど。

菊田(谷原章介)は予定どおりに
旺次郎(松田翔太)に寄り添えたけど、
海里(吉高由里子)が素直に死ぬとも思えない。
やっぱりここは海里の変化に期待。

玲子(小島聖)は妊娠したと言って、
目的を果たしたからとラブシャッフルを抜けた。
ここもこのまま終わる内容ではないので今後どうなるか。
諭吉はそんなに深く関わる感じではなくなったので、
女性陣が強く絡んでくるような気もする。

笑えないどころか凍りつくようなコメディ部分は、
もうかなり無視できるようになった。
ラブシャッフルというゲームも形骸化してきたので、
メンバーそれぞれを描く部分でさらに深く切り込んで欲しい。

            採点 7.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット  #8

演出:山田勇人
脚本:山上ちはる
脚本監修:林誠人
脚本協力:福田雄一

予告のあとのカットで出てきたように、
どのみちあの母親(小川菜摘)は逮捕される、
というリセットの意味の無さは出ていたと思う。

主人公(陣内智則)の人生に
ハッキリとそういう結果が出た方が
分かりやすいと思うけど。

今回は出演者が芸人ばかりだったので
棒読み度は高かった。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありふれた奇跡  第九回

演出:谷村政樹
脚本:山田太一

重夫(風間杜夫)が家を出て、
律子(キムラ緑子)のところへ行ってしまう展開が、
まず驚いただけでなくすごく練られていた。

あれで四郎(井川比佐志)の孤独が際立ったけど、
翔太(加瀬亮)の子供はいらないという気持ちが
本当にのぼせていないかどうか、
改めて考えさせる流れにもなっていた。

最終的にはその重夫と律子の姿が、
夫婦の形なんて言葉じゃない、
理屈じゃないという見せ方にもなっていて、
何とも味わい深かった。

桂(戸田恵子)の不倫経験が
娘である加奈(仲間由紀恵)への言葉に
あんな説得力を出すとも思わなかった。

家族をいい意味でも悪い意味でも巻き込みながら、
お互いの傷をさらけ出したり癒されたりする過程は、
実にこのドラマらしくて良かったと思う。

一方で、静江(八千草薫)と朋也(岸部一徳)のシーンも良かったな。
家族みんなで加奈に関わっていくような嘘っぽい展開ではなく、
いろんなことを理解しながらも距離をおいてる感じが
何ともリアリティがあって、
ドラマ全体に深みを出していた。

あと、改めて現代を描いてるなと思ったのが、
加奈も翔太もひとりっ子であるという設定。
もちろん、それは2人の結婚問題にも影響してるわけだけど、
どうしてこの世界は他の人の色が見えないのだろうと
翔太がケルトの話を語ったりするシーンを見ると、
そのどうしようもない孤立感が象徴的に感じられて、
改めてその設定のうまさに唸ってしまった。

今回は藤本(陣内孝則)の言葉で
加奈と翔太が初めて会ったようなデートをしてみるわけだけど、
そのキッカケとなった藤本の明日はないかもしれない、
今が大事なんだという言葉にも、
藤本の設定から来る説得力はあった。

翔太の言葉をどうしても受け入れられなくて、
会わないでいることが平気になるまで会わないでいようという
ラストの加奈のメールがまたせつなかったと思う。

その加奈の心を翔太がどう溶かしていくか、
あるいは加奈自身がどう変わるか、
終盤に入っても依然として見どころは多い。

            採点 7.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/05

キイナ〜不可能犯罪捜査官〜  第7話 偽りの記憶

演出:田中峰弥
脚本:山崎淳也

同じ捜査一課内の津田(金田明夫)の
妻(宮崎美子)に対する想いがベースにある内容だったので、
最後にキイナ(菅野美穂)が桐島(荻野目慶子)に言った
ワザとらしいまとめ方もそんなにシラけなかった。

催眠術のネタはまた目新しくなかったけど、
最初から催眠術を疑う流れだったので
前半もあまりダレた感じはなかったと思う。

それにしても荻野目慶子は
笑ってても目が恐いなあ。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トライアングル  9 真実の向こう側

演出:白木啓一郎
脚本:水橋文美江

なんじゃこりゃ。
上海で志摩野(堺雅人)は自殺で処理されたので
日本の法律で裁くのは難しいって言ってるのに、
亮ニ(江口洋介)と丸山(小日向文世)が
均(大杉漣)の愛人宅へ上がり込んで
勝手に証拠品を押収したあたりからムチャクチャだなあと思ったけど、
最後は街中でサチ(広末涼子)が撃たれちゃったよ。

実際に亮二が拳銃を持っていったかどうかは別にして、
あのロッカーで丸山が自分の拳銃がないってセリフも
どんな警察なんだよって感じだし…。

唯一、それらを肯定する可能性があるとしたら
丸山が全部仕込んでるってことだけど、
今から丸山が実行犯ってのもなあ。

まあ、信造(北大路欣也)が
なぜ25年前に犯人を捕まえられなかったのか、
ということを考えれば
やっぱり警察の上層部に問題がありそうなので、
丸山が動かされてる可能性もないわけじゃない。
それにしてもなあ。

未だに謎を散りばめることに一生懸命で
細かいところはもうどうでもよくなってる、
と考えた方が自然な気もする。

で、ここへ来て亮二の両親と兄が死んだ火災に
何か謎があるという展開になって、
舜(稲垣吾郎)が探ることに。

さらに、秋本(佐々木蔵之介)は
クラス一の忘れん坊だったというイヤな前フリまで…。
今さらそんな設定を出されてもな。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

神の雫  le huitieme verre 8

演出:中島悟
脚本:渡辺雄介

一青(田辺誠一)が階段から落ちて意識不明に。
2人で神の雫の封を開けると約束した雫(亀梨和也)は
第六の使徒にたどり着いて、
戦いはお約束どおりに2勝2敗2分になった。

今回の話は雫が一青に対する気持ちに整理がついただけでなく、
2人の母親、豊多香(古谷一行)が愛した女性に関しても描かれたので、
マキ(内田有紀)にスポットが当たった回とも言えた。

まあ、ワインを絡めて描くには圧倒的に時間が足らないので、
あくまでもサラッとだけど。

視聴率も5%を切っている中、
次回はひっそりと最終回。
神の雫が何なのかはもうどうでもよくなってるので、
マキくらいは救われる内容であって欲しい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイちゃんの執事  8

演出:岩田和行
脚本:古家和尚

メイ(榮倉奈々)は田舎に帰って、
急に友情に厚くなったクラスメートが迎えに来て、
剣人(佐藤健)と理人(水嶋ヒロ)が殴り合って、
とにかくメイが学園に戻るという内容。

スタッフロールを冒頭で流しておくくらい
最後の剣人と理人の殴り合いは見せ場だったんだろうけど、
さすがに感情移入はしにくかった。
剣人がメイを好きなのは理解できるとしても、
メイや理人の気持ちに説得力がないし。

ローズ(堀内敬子)だけは最初からあまりブレていないので、
そのあたりは比較的見やすいかも。
いや、そこも「おちゃべり」見ればいいのか。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

VOICE[ヴォイス]  第8話

演出:石井祐介
脚本:金子茂樹

哲平(遠藤雄弥)がシャーレを落として
B型肝炎に感染してしまったかも、となるシーンは
相変わらず工夫がなかったけど、
そのあとの内容はまあ良かったと思う。

哲平のことを心配する部分と
火災現場で死亡した今成(平田満)の
最後の行動を探る部分がラストで重なって、
大己(瑛太)たちが法医学を続けていく覚悟と決意に
つながっていく流れは悪くなかった。

ただ、法医学的には、
今成がカーペットで包んだ少年が
その時点で本当に死亡していたかどうか、
というところに興味があるわけで、
そこがあっさりスルーされてしまうんだよな。

結局、このドラマにおける法医学教室は
あくまでも舞台設定にすぎないということなんだけど。

少年の遺族に今成の声は伝えられなかった、
というパターンはあって良かったと思う。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/02

本日も晴れ。異状なし  第7話

演出:山本剛義
脚本:藤本有紀

いつものように前半は退屈なだけだったけど、
後半は何とか持ち直した。

で、どうやらキヌ(前田美波里)が救えなかった生徒が、
白瀬(坂口憲二)が冤罪で捕まえた立花(布施博)らしい。
長かったなあ、ここまで。

その立花が新たな事件に関わっている可能性も出てきたので
少しは変化が出るかも。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い糸  全11話

プロデューサー:森安彩
演出:村上正典、川村泰祐
脚本:渡辺千穂、半澤律子
原作:メイ「赤い糸」「赤い糸destiny」
音楽:菅野祐悟
主題歌:「366日」HY
挿入歌:「Ray」lego big morl
制作:フジテレビ、共同テレビ

これを認めたら負けのような気もするけど、
正直、想像していたよりずっと良くできたドラマだった。

ドラッグとか、DVとか、出生の秘密とか、
ひとつひとつのエピソードはまさにケータイ小説の王道というか、
大映ドラマ的にありふれていた。
でも、その繋げ方はうまく練られていたと思う。

演出も良かった。
ストーリーを煽るような見せ方だったら
見続けるのもムリだったろうけど、
落ち着いた雰囲気でまとめていたのが良かった。

溝端淳平は「ハチワンダイバー」の時よりハマっていたと思う。
南沢奈央だけでなく、美亜役の岡本玲や沙良役の桜庭ななみも良かったし、
この世代で集めたグループとしてはあまり穴がなかった。
まあ、一番可愛かったのは
芽衣が生まれた頃のシーンで出てきた赤ちゃんだけど。

大人チームがまた良かったんだよなあ。
演出で煽らなかったのが最大の成功だとは思うけど、
芽衣パパ(甲本雅裕)なんかも少ない出番ながら愛すべきキャラだった。

芽衣が実の両親のことを聞かされた直後の心理とか、
最後に麻美(石橋杏奈)が納得するところなどは、
もう少しじっくり描いてもよかったとは思う。

でも、全体的にはかなり丁寧に作っていたし、
どうせくだらないだろうと最初から見なかった人は
ちょっともったいなかったと思えるくらい
見て損はない出来だった。

            採点 7.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★☆
                演出  ★★★★★
                配役  ★★★★☆
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★★★☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

銭ゲバ  第7話

演出:狩山俊輔
脚本:岡田惠和

今回も緑(ミムラ)と茜(木南晴夏)の描き方が
振り切れていた。

風太郎(松山ケンイチ)からすべてを告げられた茜(木南晴夏)が、
自分のことが嫌いかどうかを確かめ、
死んでいようが生きていようがどうでもいいと言われ、
それでも最後に風太郎の耳をふさいで愛してると言うシーンは、
さすがにグッと来た。

そのあとに風太郎から
くだらない真似をするなと言われた時の“はい”も良かったな。
最終的に自殺してしまったけど、
茜はものすごくインパクトのあるキャラクターだったと思う。
木南晴夏の声も魅力的だった。

緑(ミムラ)も覚醒してから言うことがスゴくなった。
風太郎に死ぬよりもつらい苦しみを味わうべきとか、
健蔵(椎名桔平)に対して
“もうお会いすることもないと思います。死ぬんですもんね”とか。
女性陣の描き方は今回も良かったと思う。

風太郎から計画通りに追い込まれて、
“結局、大事なのはカネだ”と言わされた
荻野(宮川大輔)のパーツも見応えがあった。

どうせ地獄へ行くのだからと自分を奮い立たせて
荻野にも伊豆屋の家族にも強気で向かった風太郎だっただけに、
ラストシーンの茜の自殺が
風太郎にどういう楔を打ち込むのか。
ラスト2回の見せ方がさらに興味深くなった。

            採点 7.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

RESCUE〜特別高度救助隊〜  Mission6 救助編

演出:堀秀樹
脚本:渡辺啓

杉浦太陽をゲストに向かえて
葛城(要潤)が過去を乗り越える話。
最後はヒーローがヒーローを褒め称えるような感じだった。

脚本が渡辺啓だったので少し期待したんだけど、
やっぱりフォーマットに乗っ取った作りには変わりなかった。

無線が都合よく繋がったり繋がらなかったりしたところは
ちょっと笑えた。

            採点 5.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌のおにいさん  Act・6

演出:高橋伸之
脚本:永田優子

内容は最初の頃と同じ切り口。
その見せ方としては守(丸山隆平)のキャラが
急に変わってしまった気がしないでもないけど、
健太(大野智)が守を説得するところに意味はあった。

家まで来た明音(千紗)と話したシーンや
オリジナル曲のデモを聴いたりするシーンで、
健太がこれまでのモヤモヤを吹っ切ったという部分が
もっと分かる見せ方だったらよかったんだけど…。

とりあえずスタッフとキャストの団結がさらに深まったところで
番組の打ち切りが決まるという展開。

「みなうた」が好きだと言った
真鍋(木村佳乃)とみちる(高良光莉)のシーンは良かった。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブ・シャッフル  Vol.7

演出:山室大輔
脚本:野島伸司

1週目のシャッフルは
メンバーそれぞれの本質が描かれることが多かったけど、
2週目はかなり関係性が入り乱れてきた。

菊田(谷原章介)はさすがに一筋縄ではいかない男で、
かなり前から海里(吉高由里子)をコントロールした上で
旺次郎(松田翔太)に近づけていた感じ。

受け入れたあとに海里が自殺すれば
絶望する旺次郎に寄り添うのは自分だという考えなんだろうか。
でもそうなるとますます海里自身が
ラブシャッフルに参加したことによって
どう変わったかを描く部分には興味ある。

芽衣(貫地谷しほり)はラブシャッフルで他の男性とも交流を持ち、
落ち着いた気持ちで宇佐美(玉木宏)に戻ることを決めたわけだけど、
それを告げられた宇佐美が戸惑ってしまったところは面白かった。
宇佐美が芽衣を好きな理由はもともと曖昧だったし。

で、そのことを知った愛瑠(香里奈)がかなり動揺して
ラストでは愛瑠から宇佐美にキスをする展開。
これはドラマ全体としてはどういうことなんだろう。

宇佐美の魅力は他の女性もすべて見ているはず。
ある意味、宇佐美は公平な男なので。
それでも愛瑠が自分からいくところに意味があるんだろうか。

最後は愛瑠もちょっとごまかした感じだったし、
新たに菊田の後輩・亀井(袴田吉彦)も登場したのでまだ分からないけど、
亀井は愛瑠に関することより菊田の方に影響が出る人物のような気がする。

愛瑠が恋愛に関してはもっとも臆病とも言えるので、
芽衣から奪ってでも宇佐美に向かえたなら
それはそれで成長なのかも。

芽衣が気になっていると言った相手はやっぱり諭吉(DAIGO)で、
それを宇佐美は知らずに諭吉が知る状況にもなった。
タラチャンズでもある諭吉がどういう行動をとるか、
そこも興味深くなった。

玲子(小島聖)の事情をまず知ったのも諭吉だし、
とにかくいろいろ人間関係が絡まってきたので、
1週目とは違う面白さも出てきたと思う。

            採点 7.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

リセット  #7

演出:遠藤光貴
脚本:古賀直樹
脚本監修:林誠人
脚本協力:福田雄一

今までで一番良かった。
最初からホラーとしてはゆるいんだし、
これくらいのトーンの落とし所が一番いいと思う。

2人とも整形している
姉(黒谷友香)と雄也(渡部豪太)の間にできる子は…、
と考えれば確かにホラーっぽいけど、
生まれてくればどんな子でも可愛いしね。
そもそも整形前の妹(黒沢かずこ)と付き合ってたわけだから
雄也も考えれば姉の本来の姿も分かるわけだし…。

ちょっとせつなくもあり、
ほのぼのとした感じもあり、
歪んではいるけど意外に愛のある内容だった。

整形後の妹が三津谷葉子で、
「ケータイ捜査官」同様に恋に貪欲だったのが妙に面白かった。

            採点 6.0(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありふれた奇跡  第八回

演出:田島大輔
脚本:山田太一

終盤は泣けたなあ。
前半は加奈(仲間由紀恵)が自分から家族に告白するまで
比較的淡々と進んだので、
余計に四郎(井川比佐志)と静江(八千草薫)のシーンから先は泣けた。

朋也(岸部一徳)たちには
本当のことを言って謝ろうと言っていた静江が、
加奈が子供を産めなくなった原因までは言えずにいただけに、
四郎から断られた時のショックは想像に難くない。

四郎のセリフがまた良かった。
“今度はこっちからお断りだ”という言い方は
前回の2人のシーンもあったのできつかったけど、
そのあとの“すんません”で一気に泣けた。

ラストの病院のシーンでは、
加奈に四郎は“もう会えない”としか言わないわけだけど、
それですべては通じるので、
結婚しないとは言っていたものの加奈のショックも痛いほど伝わった。
それだけに静江の前で見せた笑顔が
余計に沁みてきたし。

しかし、そうきたかという展開だった。
むしろここからなんだな、このドラマは。
今回も見応えがあった。

            採点 7.5(10点満点平均6)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »