« メイちゃんの執事  8 | トップページ | トライアングル  9 真実の向こう側 »

2009/03/05

神の雫  le huitieme verre 8

演出:中島悟
脚本:渡辺雄介

一青(田辺誠一)が階段から落ちて意識不明に。
2人で神の雫の封を開けると約束した雫(亀梨和也)は
第六の使徒にたどり着いて、
戦いはお約束どおりに2勝2敗2分になった。

今回の話は雫が一青に対する気持ちに整理がついただけでなく、
2人の母親、豊多香(古谷一行)が愛した女性に関しても描かれたので、
マキ(内田有紀)にスポットが当たった回とも言えた。

まあ、ワインを絡めて描くには圧倒的に時間が足らないので、
あくまでもサラッとだけど。

視聴率も5%を切っている中、
次回はひっそりと最終回。
神の雫が何なのかはもうどうでもよくなってるので、
マキくらいは救われる内容であって欲しい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« メイちゃんの執事  8 | トップページ | トライアングル  9 真実の向こう側 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神の雫  le huitieme verre 8:

« メイちゃんの執事  8 | トップページ | トライアングル  9 真実の向こう側 »