« VOICE[ヴォイス]  最終話 | トップページ | 春さらば 〜おばあちゃん 天国に財布はいらないよ〜 »

2009/03/26

絶対彼氏  最終章スペシャル

企画:金井卓也
プロデュース:橋本芙美
演出:土方政人
脚本:根津理香、深沢正樹
原作:「絶対彼氏」渡瀬悠宇
音楽:福島祐子、audio highs
主題歌:「おかえり」絢香
制作:フジテレビ、共同テレビ
出演:速水もこみち、水嶋ヒロ、相武紗季、国仲涼子、内田朝陽、
   佐々木蔵之介、真矢みき、中村俊介、山本圭、篠井英介、寺田農、
   峯村リエ、上野なつひ、猫背椿、佐戸井けん太、河本麻希、英玲奈、
   入江甚儀、綿貫正市、加治将樹、桜木涼介、他

08年4〜6月期に放送された連ドラの続編SP。
やらない方が無難なのにやっぱりやってしまうのが
テレビドラマの悲しいところか。

天才科学者の神谷(国仲涼子)と
神谷がかつての恋人を想って作ったロボット、
純(内田朝陽)も登場して、
自我に目覚めたロボット側の気持ちは
それなりに描けたと思う。

でも、梨衣子(相武紗季)や創志(水嶋ヒロ)は
何とも雑な描き方だった。
梨衣子の成長も中途半端だったし、
創志はどこまで人がいいんだって感じだったし。

どうしても続編を作るなら、
せめて創志はナイト(速水もこみち)の再起動を
ハッキリとは知らないまま話を作った方がよかったと思う。

そうすれば創志側からは梨衣子が久しぶりに日本へ帰ってきて
ナイトのことを思い出してるのかと不安を抱く程度で、
梨衣子側からはすべてを想い出として封印しようとしていたのに
ナイトがまた現れて混乱する、という構造で見せられたと思う。

社長(山本圭)があっという間に病院へ運ばれたり、
梨衣子がビルから落ちても助かったりするようなところを
もっとうまく使えば、
創志がナイトの復活を想像するような見せ方は
いくらでもできたと思うし。

その上でナイトがロボットであることの現実を改めて受け止め、
梨衣子の幸せを願うなら自らを完全に破壊するしかない、
と決断する結末に持っていっても
十分に話は繋がったと思う。

あと、ナイトと創志の違い。
自我が芽生えたと言っても、
ナイトの“愛してる”はあくまでもプログラムによるもので、
100年経っても無条件に愛し続けてくれる。
でも、創志は違う。人間なので。

だから梨衣子は創志にきちんと向き合わなければいけないわけで、
そこをもっとハッキリと描くべきだった。
恋人型ロボットという設定は
まわりの人間をしっかり描いてこそ活きる設定なのに…。

軍事機密を盗んだとか、
「アサモト」の新メニューが発表できないとか、
たいして本筋に活かせてない話ばかり入れて
肝心なところを雑にやってしまったのが何とも残念だった。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★★☆
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★★★★
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

|

« VOICE[ヴォイス]  最終話 | トップページ | 春さらば 〜おばあちゃん 天国に財布はいらないよ〜 »

コメント

はじめまして!!
連ドラでは、ナイトがいなくなったから、創志と一緒に、って感じで、結局創志がいい人で終わってしまったから、梨衣子・ナイト・創志の三角関係がやっとスッキリするかと、ちょっと期待してたんですけど、なんかまた創志がいい人で終わってしまいましたよね。パリでやっと忘れられたナイトが現われたけど、ナイトはもう過去で今は創志がいるから、って感じが個人的に希望する結末だったんですけどね。本当に創志かわいそうでした。婚約も結局は曖昧で、ロビー田中さんの言うとおり、やらない方がよかったですね。

投稿: イリ | 2009/03/28 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44473191

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対彼氏  最終章スペシャル:

« VOICE[ヴォイス]  最終話 | トップページ | 春さらば 〜おばあちゃん 天国に財布はいらないよ〜 »