« リセット  #10 | トップページ | ゴーストタウンの花 »

2009/03/23

ラブ・シャッフル  最終回

演出:土井裕泰
脚本:野島伸司

宇佐美(玉木宏)の公平さや正義感は、
政治家を目指すという形の収め方だった。
確かに筋は通ってるかもしれないけど、
最後は主題歌通りにファンタジーになってしまった感じ。

結婚式間際で宇佐美と芽衣(貫地谷しほり)が別れることになったんだから
何だかの段取りはつけなくちゃいけなくて、
ここもファンタジーっぽく、
諭吉(DAIGO)がM&Aで芽衣の父親の会社を買収、
役員の現状維持を条件に芽衣と結婚するという展開に。

一応、芽衣と諭吉のキャラを守りつつ話を収めていたものの、
招待状の名前が違うのはプリントミスとか、
さすがにコメディ色が強い段取りだった。
出だしの演出というか、
見せ方の順番を工夫することでだいぶカバーはしていたけど。

玲子(小島聖)の子供は菊田(谷原章介)が父親ということで、
ここも2人の今後が想像されるような描き方。
でも、玲子の現実的な問題は曖昧なまま終わった感じだった。

菊田も旺次郎(松田翔太)のひと言はあったものの、
これまで以上の説明はなかったし、
玲子と菊田の描き方はちょっと中途半端だったな。
それにしても亀井(袴田吉彦)の姉は何のために出てきたんだろう。

予想に反してすべての組み合わせが変わるという
ある意味、ひねりのない終わらせ方だったけど、
芽衣が諭吉に言った“あなたを愛せる”と、
菊田と玲子が手を繋ぐシーンはいらなかった。
この2組はもっと想像させる範囲を残しておいた方がよかったと思う。

海里(吉高由里子)に絡む話がいちばん野島伸司らしくて、
結果的に旺次郎と海里のところが
ストーリーとしては面白かった。

ドラマの中盤以降は、
この海里絡みの話でそれなりに盛り上がったと思う。
最後は普通のラブコメディになってしまったけど、
それは最初からそのつもりだったんだろうし。

問題はコメディっぽいセリフは多かったのに
まったく笑えなかったこと。
あんなにセリフで遊ばなくてもよかったのにな。
「ゴールデンボウル」は面白かったので、
あれくらいのバランスでやって欲しかった。

まあ、途中は野島伸司っぽい面白さも堪能できたので
それだけでいっか。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★★☆
                主題歌 ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.85(10点満点平均6)

ラブシャッフル [DVD]ラブシャッフル [DVD]
玉木宏, 香里奈


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


|

« リセット  #10 | トップページ | ゴーストタウンの花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44438849

この記事へのトラックバック一覧です: ラブ・シャッフル  最終回:

« リセット  #10 | トップページ | ゴーストタウンの花 »