« ありふれた奇跡  第八回 | トップページ | ラブ・シャッフル  Vol.7 »

2009/03/02

リセット  #7

演出:遠藤光貴
脚本:古賀直樹
脚本監修:林誠人
脚本協力:福田雄一

今までで一番良かった。
最初からホラーとしてはゆるいんだし、
これくらいのトーンの落とし所が一番いいと思う。

2人とも整形している
姉(黒谷友香)と雄也(渡部豪太)の間にできる子は…、
と考えれば確かにホラーっぽいけど、
生まれてくればどんな子でも可愛いしね。
そもそも整形前の妹(黒沢かずこ)と付き合ってたわけだから
雄也も考えれば姉の本来の姿も分かるわけだし…。

ちょっとせつなくもあり、
ほのぼのとした感じもあり、
歪んではいるけど意外に愛のある内容だった。

整形後の妹が三津谷葉子で、
「ケータイ捜査官」同様に恋に貪欲だったのが妙に面白かった。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« ありふれた奇跡  第八回 | トップページ | ラブ・シャッフル  Vol.7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リセット  #7:

« ありふれた奇跡  第八回 | トップページ | ラブ・シャッフル  Vol.7 »