« 本日も晴れ。異状なし  第7話 | トップページ | メイちゃんの執事  8 »

2009/03/05

VOICE[ヴォイス]  第8話

演出:石井祐介
脚本:金子茂樹

哲平(遠藤雄弥)がシャーレを落として
B型肝炎に感染してしまったかも、となるシーンは
相変わらず工夫がなかったけど、
そのあとの内容はまあ良かったと思う。

哲平のことを心配する部分と
火災現場で死亡した今成(平田満)の
最後の行動を探る部分がラストで重なって、
大己(瑛太)たちが法医学を続けていく覚悟と決意に
つながっていく流れは悪くなかった。

ただ、法医学的には、
今成がカーペットで包んだ少年が
その時点で本当に死亡していたかどうか、
というところに興味があるわけで、
そこがあっさりスルーされてしまうんだよな。

結局、このドラマにおける法医学教室は
あくまでも舞台設定にすぎないということなんだけど。

少年の遺族に今成の声は伝えられなかった、
というパターンはあって良かったと思う。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« 本日も晴れ。異状なし  第7話 | トップページ | メイちゃんの執事  8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VOICE[ヴォイス]  第8話:

« 本日も晴れ。異状なし  第7話 | トップページ | メイちゃんの執事  8 »