« 本日も晴れ。異状なし  最終話 | トップページ | メイちゃんの執事  10 Final »

2009/03/19

VOICE[ヴォイス]  第10話

演出:松山博昭
脚本:金子茂樹

貴之(名高達郎)が友人である作家・桜井(田村亮)の尊厳死、
ていうか、自殺に手を貸したという内容だった。
そのことを桜井の妻(麻生祐未)には伝えない約束があったので、
カルテの改ざんまでしたという。

将棋のエピソードなどは
またワザとらしい盛り込み方ではあったけど、
亮介(生田斗真)にスポットが当たった回としては
それなりの見応えはあったんじゃないだろうか。

これまで通り医学はあくまでも舞台設定だけなので、
貴之の医師として描き方がテキトーでも
今さらどうってことないし。

法医学だけですべてが証明できるわけではない、
というところを亮介たちが感じた部分は悪くなかった。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« 本日も晴れ。異状なし  最終話 | トップページ | メイちゃんの執事  10 Final »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44398551

この記事へのトラックバック一覧です: VOICE[ヴォイス]  第10話:

« 本日も晴れ。異状なし  最終話 | トップページ | メイちゃんの執事  10 Final »