« リセット  #12 | トップページ | リセット  #13 »

2009/04/06

帰ってこさせられた 33分探偵  #11

演出・脚本:福田雄一

このシリーズは地方へも出かけるということで今回は京都編。
大田原(高橋克実)に替わって氏家(沢村一樹)が登場するものの、
六郎(堂本剛)に対するリアクションはほぼ同じという
このドラマらしさは維持した内容だった。

一応、警察の管轄とか意識したのかなと思わせつつ、
茂木(戸次重幸)はやっぱり登場して、
なんだ高橋克実が舞台で忙しかっただけか、みたいなユルさが
とことん33分探偵らしかったと思う。

鑑識はアイ(野波麻帆)のプレゼントの紹介する程度で
六郎との絡みはなかったけど、
全体の流れとしてはそんなにマイナスじゃなかった。
情報屋のナイツもネタとの絡みが合っていたので
個人的には今までで一番しっくりときたくらいだった。

今回は山村紅葉でも京都っぽさムリヤリ演出。
次回は大阪編なのでコテコテか。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« リセット  #12 | トップページ | リセット  #13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44581893

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってこさせられた 33分探偵  #11:

« リセット  #12 | トップページ | リセット  #13 »