« 夜光の階段  第1話 野望 | トップページ | スマイル  第2話 »

2009/04/24

BOSS  CASE 02

演出:光野道夫
脚本:林宏司

野村宏伸がゲストで最後にどんでん返しがあったものの、
思ったほど盛り上がらなかった。
トイレで変身した時点でコントみたいになってたしなあ。
どこにそんなアイテムを仕込んでいたのかと。

片桐(玉山鉄二)の過去は今後じっくり描くつもりで
今回は拳銃を撃つシーンがなかったんだろうけど、
何か別の方法で最後はもう少し派手な終わり方にして欲しかった。

どんでん返しありきの内容なので、
前半もやっぱりツッコミどころは多かったと思う。
場所がどこであろうと神(浅利陽介)がいち早く現場に着くとか、
すべての現場に行ってるのに、しかも部屋の中まで入ってるのに、
その形跡は見つからないとか。

まあ、最初から事件に面白みを出すつもりもないんだと思う。
あくまでも絵里子(天海祐希)を中心とした
特別犯罪対策室の世界観がウリというか…。

そうなると余計に絵里子と池上(丸山智己)の関係に関心がいってしまう。
池上は絵里子が警察官だと知らないのか?

初回は単に絵里子のキャラクターを示す要素のひとつだと思ってたけど、
意外にこのドラマの縦軸になる話なのかも。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« 夜光の階段  第1話 野望 | トップページ | スマイル  第2話 »

コメント

(何年も拝読しておりますが、恐れ多くてコメントは初めてです。)
ドラマ自体とはまた別の話ですが、野立や片桐のセリフが異常に聞き取りづらく、滑舌の問題なのかと思っておりましたが、ゲストの声の抑揚の際に気付きました。このドラマの音声(役者のセリフ)は、低音が異様に聞き取りづらいです。編集機器の問題なのでしょうかね?(デジタイズする際のパラメータの問題か何かでしょうか。)
 これでは、画像エフェクト以上に、この音声の問題が鑑賞の際の集中力を阻害してしまって残念です。…ともあれ、滑舌の問題ではなかったようで…竹野内さんゴメンナサイ(←いやこの言い方はかえって…笑)
※我が家のTVスピーカー固有の問題かとも思いましたが、他の番組では一切このような現象は起きていないので…。

投稿: kei | 2009/04/24 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/44773594

この記事へのトラックバック一覧です: BOSS  CASE 02:

« 夜光の階段  第1話 野望 | トップページ | スマイル  第2話 »