« BOSS  CASE 05 | トップページ | 名探偵の掟  第五章 アリバイ宣言〜時刻表トリック〜 »

2009/05/18

スマイル  第5話

演出:坪井敏雄
脚本:宅間孝行

町村フーズの取引先や取引銀行の対応が
いきなり変わるのではなく、
週刊誌の記事というクッションがあったのは効果的だったと思う。
最初からまわりがみんな敵という印象も薄まったし、
林(小栗旬)の問題へ移行するキッカケにもなった。

さらに、その週刊誌の記事によって
宗助(前田吟)をはじめとする町村フーズのみんなが
ビト(松本潤)が受けてきたいわれのない偏見や差別を
想像する流れもあって、
テーマが普遍的なものにもなったと思う。

ラストでは宗助が自殺する展開になって、
物語的にも大きく動いた。

内容的に見ていてしんどい部分も多々あるけど、
途中で挟まれる2015年のシーンがかなり救いにもなってきて、
いろいろと安定はしてきたと思う。

それにしても小栗旬の林は振り切れてるなあ。
ものすごいアウトローな役だけど、
小栗旬だから許せる感じ。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« BOSS  CASE 05 | トップページ | 名探偵の掟  第五章 アリバイ宣言〜時刻表トリック〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45052923

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル  第5話:

« BOSS  CASE 05 | トップページ | 名探偵の掟  第五章 アリバイ宣言〜時刻表トリック〜 »