« スマイル  第6話 | トップページ | MR.BRAIN  EPISODE 1 »

2009/05/25

名探偵の掟  第六章 殺すなら今

演出:七崎剛
脚本:大石哲也

本来は田舎の寂れた村などが舞台となる横溝正史風の童歌殺人を、
テレビ局での事件にアレンジ。
テレ朝の女子アナも6人出演させて、
とにかく遊びに徹底していた。

それはまあいいんだけど、
いつものようにセリフやカットにメリハリがないので
最後のオチが分かりにくかった感じ。

天下一(松田翔太)が“誰も知らないはずの童歌”と言ったところで
茉奈(香椎由宇)がゾクゾクしちゃたのは、
もちろん、茉奈が10番目の歌詞を解明した時に
テレビ局のいろんな社員がそれをメモしていたから。

だからその社員たちがみんな自分が殺したい人間を
童歌の10番に合わせてウエディングドレスを着せて殺し、
13人もの死体が発見された、ということなんだけど、
茉奈が想像するところも不親切だったし、
ラストで10番目の事件を伝えるのが
おばあさんになった元女子アナだったりしたので、
かなり分かりにくかった。

こういうノリのコメディだからこそ
細かいところまで丁寧に遊んで欲しかった。

            採点 5.0(10点満点平均6)


|

« スマイル  第6話 | トップページ | MR.BRAIN  EPISODE 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45123745

この記事へのトラックバック一覧です: 名探偵の掟  第六章 殺すなら今:

« スマイル  第6話 | トップページ | MR.BRAIN  EPISODE 1 »