« 婚カツ!  第5話 | トップページ | 白い春  第6話 »

2009/05/20

アタシんちの男子  6

演出:佐藤源太
脚本:武藤将吾

風(要潤)が本格的に絡んできても
アプローチの仕方はあまり変わりなくて、
全体的なノリも変化はなかった。
むしろドタバタはいつにも増して笑えない感じで。

ただ、遺産探しの中で新造(草刈正雄)からのメッセージが見つかり、
そこで風が新造の実の息子だったことが明かされた。
風の新造との確執はそこにあるらしい。

他の兄弟にもつらい過去はあるわけで、
そういう現実から逃げていることが
みんなと新造との確執になったということか。

過去や現実に向き合った千里は新造に受け入れられ、
向き合わなかった息子たちは受け入れられなかった。
風から千里(堀北真希)に嫉妬しているというセリフもあったし、
その違いを埋めていくことで家族になるんだと思う。
そこに仕向けているのが時田(山本耕史)たちであることも
かなりハッキリしてきたし。

コメディ部分のセンスが良ければ
それなりに面白いドラマになったかもしれないのに、
そうなってないのがもったいない。

            採点 5.5(10点満点平均6)


|

« 婚カツ!  第5話 | トップページ | 白い春  第6話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45069687

この記事へのトラックバック一覧です: アタシんちの男子  6:

« 婚カツ!  第5話 | トップページ | 白い春  第6話 »