« 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史  第一夜・第二夜 | トップページ | アタシんちの男子  11 »

2009/06/26

婚カツ!  第10話

演出:葉山浩樹
脚本:龍居由佳里
脚本協力:馬場康夫

邦之(中居正広)と春乃(上戸彩)の関係については、
邦之の仕事以外にも2人の年齢差の問題があって、
恋愛モノとしてはそこをクリアしなくてはいけなくなった。
そこでまた唐突に弟の邦康(上田竜也)が
年上の女性(佐藤江梨子)と結婚することに。

ただ、ここでちょっと面白かったのは、
邦康が邦之の婚活騒ぎを端で見ていて
“中途半端な気持ちで結婚を考えちゃいけないと思った”と言ったこと。

このドラマはとても婚活を掘り下げて描いているとは
思えない内容だったわけだけど、
最初からフレーズだけがひとり歩きしている「婚活」を否定していて、
そうじゃないだろ、という話をやりたかったのかな、という気もした。

それが「婚活」を本気で分析した結果なのか、
それがドラマの企画として正しいのかどうかなどは別にして、
とりあえずそれなら筋は通るか、という感じだった。

で、邦之は春乃のことを真剣に考えるようになったところで
春乃が茂(佐藤隆太)の胸で泣いているのを目撃。
一応、それなりの葛藤があって、
ラストは邦之が春乃の抱きしめるというところで終わった。

まあ、強引と言えば強引だけど、
序盤の茂の気持ちも少しはフォローしなきゃいけない状況だったし、
これはこれでいいんじゃないだろうか。

それよりも強引だったのは、
商店街の人たちが誰も借地代を払わずに暮らしていたということ。
いくら縁結びの町でもそんな地主との縁があるのか。

とにかく今の地主が「川ちゃん酒場」と組んで
商店街を再開発しようとする展開になって、
区役所をクビになった伊藤(北村有起哉)も
邦之たちと一緒に戦うことになった。

伊藤にもスポットが当たったところとか、
周五郎(橋爪功)はかなりのキャリアを持つ人物なんじゃないかとか、
春乃と優子(釈由美子)がやたら仲良くなってるとか、
登場人物が活きてきたのはいいと思う。

最終回はこの商店街の問題が
ぐだぐだにならないといいんだけど。

            採点 5.5(10点満点平均6)


|

« 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史  第一夜・第二夜 | トップページ | アタシんちの男子  11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45460166

この記事へのトラックバック一覧です: 婚カツ!  第10話:

« 刑事一代 平塚八兵衛の昭和事件史  第一夜・第二夜 | トップページ | アタシんちの男子  11 »