« 婚カツ!  第10話 | トップページ | 白い春  最終話 »

2009/06/26

アタシんちの男子  11

演出:松田秀知
脚本:武藤将吾

このドラマの場合、
みんながそれぞれの生活に旅立つのは
そんなにハッピーな印象にならないので、
最後に全員が城に帰ってきたのは良かった。

トリックハート城の大袈裟な仕掛けもあったし、
時田(山本耕史)は風(要潤)にミラクルの社長を譲ったし、
千里(堀北真希)と翔(向井理)の仲も未来を想像させたし、
細かいところはぐだぐだだけど、
このドラマらしい最終回だったんじゃないだろうか。

家族をテーマにした内容と、
新造(草刈正雄)がおもちゃメーカーの社長で
トリックハート城という別宅を持ってるという設定は、
最初からそんなに悪くなかったと思う。
ただセンスのいいコメディになっていたなかったというだけで。

夏からこの枠は「救命病棟24時」なので、
このテイストの路線もしばらくはなくなると思う。
個人的にはイケメン揃えでも子供向けでもかまわない。
とにかく今後はそれなりの質を保てるような作りにして欲しい。

            採点 5.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★☆☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 5.64(10点満点平均6)


|

« 婚カツ!  第10話 | トップページ | 白い春  最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45460184

この記事へのトラックバック一覧です: アタシんちの男子  11:

« 婚カツ!  第10話 | トップページ | 白い春  最終話 »