« 夜光の階段  最終回 英断 | トップページ | スマイル  第10話 »

2009/06/22

BOSS  CASE 10

演出:石井祐介
脚本:林宏司

絵里子(天海祐希)と池上(丸山智己)の関係が
事件に絡むだけでも面白いのに、
さらに野立(竹野内豊)がこんな形で活躍するとは。

まあ、チャラチャラした警察官僚というだけではもったいないので、
何かもう少しハッキリした形で野立を使うことは想像できたけど、
ここまで振り切れるとは思わなかった。

ただ、野立が本当にラスボスかどうかはまだ確定できないと思う。
すべてを解明するためにテロ組織に入り込んだとも考えられるし…。
でも爆弾のテストですでに死者が出てるからなあ。
そう考えるとやっぱり野立は敵か。

でもでも、視聴率も取れてるし、
すでに続編は考えてると思うんだよな。
もし野立がラスボスだとしたら、
テロリストとして登場した反町隆史と竹野内豊を
両方ともこのシリーズで失ってしまうことになる。
研音がそれをするかなあ。

続編を考えて竹野内豊は残す、
というのはあまりにも邪道な予想だろうか。

とにかく、絵里子としては、
最後の事件を解決することが池上の弟、
健吾(石垣佑磨)の無実を証明することにもなりそうなので、
絵里子のプライベートと最後の事件の絡みは抜群に面白くなった。

これくらい事件の内容に見応えがあると
遊びの部分もメリハリが利いて余計に面白く感じるし、
最高の期待値で最終回を待てそう。

            採点 7.5(10点満点平均6)


|

« 夜光の階段  最終回 英断 | トップページ | スマイル  第10話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45421476

この記事へのトラックバック一覧です: BOSS  CASE 10:

« 夜光の階段  最終回 英断 | トップページ | スマイル  第10話 »