« メイド刑事  Mission 1 京都セレブ夫人を救え! | トップページ | 魔女裁判  第8話 »

2009/06/29

MR.BRAIN  EPISODE 6

演出:福澤克雄
脚本:蒔田光治、森下佳子
ゲスト:仲間由紀恵、大沢逸美

とりあえずドラマとしては
かなこ(仲間由紀恵)が多重人格ではない結末でよかった。
重い内容にはなったけど、
ストーリー的にはメリハリが出たので。

ただ、それを九十九(木村拓哉)が見破る方法が
どうしても安っぽくなっちゃうんだよなあ。
これはやっぱり脳科学を切り口にしてしまった弊害か。

フィクションとはいえ、
設定もムチャクチャだったと思う。
10歳から15年間も暗い地下室に閉じこめられていたのに、
かなこはフツーにしゃべるわ、漢字は読めるわ、
電車に乗れるわ、東京中を歩き回れるわで、
科警研の誰もそのスーパーな成長ぶりには
興味を示さないのがすごかった。

多重人格じゃないならコンビニの前でかなこが拳銃を見たところで
“なんで?”というセリフは入れちゃいけないんじゃないかとか、
基本的な作りとしてもおかしいところはあった。

でもまあ、このドラマは
今さらそんなことを気にしちゃいけないんだろうな。
だから仲間由紀恵は頑張ったということでいいんだと思う。

それにしても8時台のドラマとしては
いろんな意味で刺激的すぎる。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« メイド刑事  Mission 1 京都セレブ夫人を救え! | トップページ | 魔女裁判  第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45490022

この記事へのトラックバック一覧です: MR.BRAIN  EPISODE 6:

« メイド刑事  Mission 1 京都セレブ夫人を救え! | トップページ | 魔女裁判  第8話 »