« MR.BRAIN  EPISODE 5 | トップページ | ぼくの妹  第10話 »

2009/06/22

ザ・クイズショウ  最終話

演出:南雲誠一
脚本:及川拓郎
ゲスト解答者:横山裕

本間(横山裕)がこれまで解答者にしてきたことは
単なる復讐ではなくて、
夢を叶えることができないまま死んだ美咲(水沢エレナ)を思い
みんなに夢とは何かを本気で問い続けていたというのは、
それなりに筋が通ったと思う。

本間がドリームチャンスをクリアして、
サプライズとして嘘をついてしまったことを
神山(櫻井翔)が本間に謝罪したところも
クイズとしての体裁は整えていた。

本間から神山への謝罪はなかったけど、
時間が経てば山之辺(戸次重幸)と田崎(片桐仁)のようになれることは
サービスカットのような山之辺と田崎のシーンで暗示していたし。

それ以外はとくに意外性のある最終回ではなくて、
あとは櫻井翔と横山裕の熱演が
どう受け取られるかの問題だったような気がする。

個人的には、ドラマが始まった頃はさすがに違和感があった。
でも、中盤あたりになるとだんだん見慣れてきて、
神山の人をおちょくったような司会ぶりも
ハマってきていたと思う。

深夜版の2年後の話であることが明かされたあたりからは
全体のストーリーにも興味が湧いたし、
思っていたよりは楽しめた。

ただ、最後はもう少しオリジナリティを出してもよかったと思う。
冴島(真矢みき)をどう使うかあたりまでは興味深かったんだけど、
それを過ぎるとまた元に戻ってしまって、
深夜版を見た時のような衝撃はなくなってしまった。

もしかしたらバラエティー番組のように
深夜からゴールデンへ進出するドラマはまた出てくるかもしれない。
でも、どこまでオリジナリティを出すか、
ゴールデンでの足かせをどこまでクリアするかなどは、
ずっとつきまとう問題のような気がする。

それでも、この「ザ・クイズショウ」という企画自体は
かなり面白いものであることは確かだし、
深夜からゴールデン進出にもチャレンジした
アットムービーの功績は大きかったと思う。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★☆☆☆
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★★☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.25(10点満点平均6)

ザ・クイズショウ 2009 DVD-BOXザ・クイズショウ 2009 DVD-BOX
櫻井 翔, 横山 裕, 松浦亜弥, 篠井英介


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« MR.BRAIN  EPISODE 5 | トップページ | ぼくの妹  第10話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45421508

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・クイズショウ  最終話:

« MR.BRAIN  EPISODE 5 | トップページ | ぼくの妹  第10話 »