« スマイル  第9話 | トップページ | 名探偵の掟  第九章 アンフェアの見本〜ミステリのルール〜 »

2009/06/15

ツレがうつになりまして  全3回

制作統括:田村文孝、合津直枝
演出:合津直枝、佐藤善木
脚本:森岡利行
原作:細川貂々
エンディングテーマ:「Tema Purissima」大貫妙子
制作:NHK、テレビマンユニオン
出演:藤原紀香、原田泰造、風吹ジュン、濱田マリ、小木茂光、田島令子、
   黒川芽衣、中村麻美、設楽統、椎名法子、宮澤ミッシェル、駿河太郎、
   矢柴俊博、平山浩行、伊勢志摩、他

うつ病になった夫との闘病生活を描いた
同名コミックと続編のドラマ化。

うつ病に関することだけでなく、
それをキッカケとした夫婦のラブストーリーでもあるので、
藤原紀香と原田泰造のコンビがハマっていたのが良かった。

藤原紀香はこういう生活臭のある女性で
ちょっとかわいく見えるというくらいの役が一番合うと思う。
原田泰造もマジメさが自然と出ていて、
屋上からツレ(原田泰造)が電話をして
それをてんさん(藤原紀香)が受けるシーンや、
てんさんが初めてツレの日記を読むシーンなどは印象深かった。

こういう作品は民放ではなく、
NHKでドラマ化して正解だったと思う。
強いて言えば、音楽がちょっとゴチャ混ぜだった感じ。
エンディングの曲は良かったので、
大貫妙子で統一してもよかった気がする。

            採点 7.0(10点満点平均6)

                脚本    ★★★★☆
                演出    ★★★★☆
                配役    ★★★★☆
                音楽    ★★★☆☆
                新鮮さ   ★★☆☆☆
                話題性   ★★☆☆☆


|

« スマイル  第9話 | トップページ | 名探偵の掟  第九章 アンフェアの見本〜ミステリのルール〜 »

コメント

はじめまして。いま、地元で「愛するために愛されたい」の再放送が始まり、検索をしたらこちらのページにたどり着きました。

「ツレがうつになりまして」の、
>藤原紀香はこういう生活臭のある女性で
ちょっとかわいく見えるというくらいの役が一番合うと思う。

に、本当に「その通り!」と思います。
「昔の男」や「だめんずウォーカー」の、ちょっと生活臭のする、けど可愛い、けど、どっか不幸って雰囲気がピッタリでドラマにはまってしまいます。

それでは失礼しました。

投稿: あっちん | 2009/06/17 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45347885

この記事へのトラックバック一覧です: ツレがうつになりまして  全3回:

« スマイル  第9話 | トップページ | 名探偵の掟  第九章 アンフェアの見本〜ミステリのルール〜 »