« BOSS  LAST CASE | トップページ | メイド刑事  Mission 1 京都セレブ夫人を救え! »

2009/06/29

スマイル  最終話

演出:石井康晴
脚本:篠崎絵里子

結局、最終回も脚本は宅間孝行じゃなかった。
結末を変えてこうなったのか、
結末に変更はないけど別の事情で変わったのか、
そっちの方が気になってしまった。
印象としては最初からこういう終わり方だったと思うけど。

刑務官の柏木(勝村政信)が死刑執行日を教えるとか、
夜中にビト(松本潤)と花(新垣結衣)を面会させるとか、
死刑執行日の当日に執行中止になるとか、
あのあたりはさすがにドラマチックすぎたと思う。

でも、死刑の執行を覚悟したビトが
初めて本当に死ぬという意味を理解して、
林(小栗旬)を殺してしまったことの後悔や
生きたいと思う気持ちを花に話すシーンは悪くなかった。
隔てられたガラスのもどかしさも感じられたし、
あのシーンは成功だったと思う。

そう考えると、花を失声症にしたのは失敗だったかも。
確かに花の声が出るようになるところで花の心理は描けたし、
日本のドラマで誰かをしゃべらせなくするのも
有効な手段のひとつだけど、
今回は花の会話シーンも多かったし、
筆談も日常化してない設定だったので、
ドラマとしてはマイナス面の方が多かったと思う。

全体的には、やっぱり連ドラとして厳しい部分が多かった。
松本清張の「砂の器」のように、
最後に差別に対する問いかけが分かるような作りなら連ドラでも引っ張れるけど、
最初からそこを描写していくのは見続けるのに忍耐を強いることになった。

要するに、キング牧師の使い方だけを見ても、
テーマに対してストレートすぎたんだと思う。
差別や偏見を正面から描くのが悪いのではなくて、
こういうテーマだからこそ、
多くの人に見てもらう工夫はもっと必要だったと思う。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★☆☆
                配役  ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                主題歌 ★★★★☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.00(10点満点平均6)

スマイル 初回生産限定版 [DVD]スマイル 初回生産限定版 [DVD]
松本 潤, 新垣結衣, 中井貴一, 小池栄子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« BOSS  LAST CASE | トップページ | メイド刑事  Mission 1 京都セレブ夫人を救え! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45490004

この記事へのトラックバック一覧です: スマイル  最終話:

« BOSS  LAST CASE | トップページ | メイド刑事  Mission 1 京都セレブ夫人を救え! »