« 救命病棟24時 | トップページ | MR.BRAIN  EPISODE 7 »

2009/07/06

コールセンターの恋人  1st call

チーフプロデューサー:黒田徹也
プロデューサー:奈良井正巳、樽井勝弘、壁谷梯之
演出:片山修
脚本:中園ミホ
原案:山口雅俊
音楽:中西匡
主題歌:「アリガトウ」ソナーポケット
ナレーション:森本レオ
企画・脚本・プロデュース協力:(株)ヒント
制作協力:泉放送制作
制作:ABC、テレビ朝日
出演:小泉孝太郎、ミムラ、名取裕子、若林豪、松重豊、柴俊夫、安田顕、
   中島ひろ子、山崎野々華、滝沢沙織、中林大樹、石井康太、樋場早紀、
   真下玲奈、福井仁美、愛未、えれな、はねゆり、他

ストーリーのリアリティというよりも、
通販業界のクレーム対応を通して起こる人間ドラマを
エンターテイメントたっぷりに見せるという感じ。

お客様相談窓口のスタッフが
それぞれに得意分野を持ったプロフェッショナルなので、
今後の作りもだいたい想像できるような内容だった。

それにしても前半の組み立ては
音楽も含めてかなり古くさかったと思う。
商品企画部から異動させられた主人公の都倉(小泉孝太郎)を
エリートなのに最初はワザとらしいくらいにダメ男で描くあたりも、
見ていてうんざりするような構成だった。

ただ、響子(ミムラ)たちが問題を解決したあとに、
テレビで大写しになった高枝切りバサミを
南極アイス(名取裕子)たちがさらに売ろうとするあたりは、
商魂たくましい販売側と地味でもきめ細かいクレーム対応係との違いが
分かりやすく描けて良かったと思う。

響子と南極アイスには過去に因縁がありそうだし、
本社とコールセンターの関係も
うまく全体に活かしていってくれるといいんだけど。

そういえば通販業界を扱ったドラマでは、
同じテレ朝で「ツーハンマン」という秀作があったなあ。
ああいうセンスのあるコメディがまた見たい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« 救命病棟24時 | トップページ | MR.BRAIN  EPISODE 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45553840

この記事へのトラックバック一覧です: コールセンターの恋人  1st call:

« 救命病棟24時 | トップページ | MR.BRAIN  EPISODE 7 »