« 赤鼻のセンセイ  2 | トップページ | 任侠ヘルパー  第2話 »

2009/07/21

ダンディ・ダディ?  第二章

演出:池添博
脚本:永田優子

ベタだけど意外と楽しめるかも。
やっぱりあかり(南沢奈央)と悠樹(石黒英雄)が
徹底的にマジメなところがいい。
あと、基本的には龍之介(舘ひろし)とあかりの
親子関係が軸になってるところも。

今回もあかりが幼い頃の回想シーンが出てきたけど、
母親が亡くなったあと、
父と娘が2人でどうやって生きてきたかを振り返りながら
龍之介があかりの恋愛にヤキモキする姿を描いていけば、
ネタもそんなに尽きないと思う。

今回の“嘘”みたいなキーワードは、
子供の頃の親子関係でも、思春期の娘と父親の間でも
十分にドラマになる要素なので、
こういうストーリーの作り方なら結構面白くなるんじゃないだろうか。

龍之介が語る恋愛論がみんな裏目に出て、
あかりと悠樹の関係が進展していくのもコメディとしてはいい。
心療内科のカウンセリングやテレビ局の討論番組など、
パターンになってるシーンは飽きさせないようにして欲しいけど、
それ以外はこのままでも大丈夫なような気がしてきた。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« 赤鼻のセンセイ  2 | トップページ | 任侠ヘルパー  第2話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45693796

この記事へのトラックバック一覧です: ダンディ・ダディ?  第二章:

« 赤鼻のセンセイ  2 | トップページ | 任侠ヘルパー  第2話 »