« MR.BRAIN  LAST EPISODE | トップページ | 官僚たちの夏  第2話 »

2009/07/13

魔女裁判  最終回

演出:加藤裕将
脚本:前川洋一

検察が控訴を断念した理由はさっぱり分からないけど、
鏡子(石田ゆり子)も娘の遙(忽那汐里)も
魔女だったというオチは悪くなかったと思う。

何だかんだ言ってもテレビドラマでは犯罪者が逃げ切って
天罰的なことも起きない結末はそんなに多くないので、
主人公の徹(生田斗真)がやっちまったという顔して終わるラストは
ある意味、斬新だった。

あと、そういうオチの説明にセリフを入れず、
鏡子と遙の笑う口元を中心とした映像で見せたのも、
ミステリー系の作品としてはシラけるのを防いでいたと思う。

夫が自分たちを脅迫していた黒川(鈴木亮平)だったと知った
いずみ(加藤あい)のその後がまったく描かれなかったのは
さすがに物足りなさを感じたけど、
結局は全員が真実を見抜けなかった部分がメインになっていたので
それはそれでいいかという感じもした。

裁判員制度に関しては企画の発端に使った程度で
むしろ誤解を招くような不謹慎さが目立っていたと思う。
登場人物の描き方も表面的なものばかりで、
ドラマのストーリーとしてはぐだぐだだった。
さらに、すでに新しくもないので
煽りすぎの音楽や編集もイラつくことの方が多かった。

ただ、最後の最後はミステリーとして
ちょっと頑張ったかな、とは思う。

            採点 5.5(10点満点平均6)

                脚本  ★☆☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★☆☆☆
                音楽  ★☆☆☆☆
                主題歌 ★★★☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

          平均採点 5.85(10点満点平均6)


|

« MR.BRAIN  LAST EPISODE | トップページ | 官僚たちの夏  第2話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45623052

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女裁判  最終回:

« MR.BRAIN  LAST EPISODE | トップページ | 官僚たちの夏  第2話 »