« 任侠ヘルパー  第5話 | トップページ | オルトロスの犬  第3話 母か刑事か 悪魔に魂を売る者たち »

2009/08/10

コールセンターの恋人  5th call

演出:片山修
脚本:中園ミホ

これまで都倉(小泉孝太郎)が
お客様相談窓口で経験してきたことはみんなチャラになって、
またセンターに飛ばされて来た頃の都倉に戻るパターン。

夜中に都倉がお客様相談窓口に電話して
響子(ミムラ)と話すシーンは悪くなかったけど、
そのあとのまとめもみんなすっ飛ばしたような内容だった。

都倉の同級生だったドライバー(山崎樹範)が
クビにならずに済んだ理由も、
カリスマ女医の目黒(東ちづる)が
最後にひしゃげたボトルの水を飲んでいた理由も
分かりやすくは描かれないまま。

しかも目黒が飲んだボトルのアップが映るカットは
バックが明るい外の景色で、
ボトルの輪郭が見にくいような映し方だった。

なんだかなあ。
響子のキャラは面白いだけに、
雑な作りがもったいない。

            採点 5.0(10点満点平均6)


|

« 任侠ヘルパー  第5話 | トップページ | オルトロスの犬  第3話 母か刑事か 悪魔に魂を売る者たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45886702

この記事へのトラックバック一覧です: コールセンターの恋人  5th call:

« 任侠ヘルパー  第5話 | トップページ | オルトロスの犬  第3話 母か刑事か 悪魔に魂を売る者たち »