« 赤鼻のセンセイ  6 | トップページ | 任侠ヘルパー  第6話 »

2009/08/17

ダンディ・ダディ?  第五章

演出:池添博
脚本:永田優子

失恋したあかり(南沢奈央)を龍之介(舘ひろし)が励まして、
悠樹(石黒英雄)との仲も後押しするような内容。
これまでは恋愛小説家として
娘の恋を表面的に認めてきた程度だったけど、
今回はあかりの気持ちを思って本気で送り出していたので、
龍之介がひとりであかりの誕生日ケーキに火をつけるシーンは
ちょっとせつなかった。

男親ということもあって、
あかりが本気で傷ついていることは
美羽(平山あや)のアドバイスで気づいたわけだけど、
担当編集者の使い方もなかなか良かったと思う。

堂島(八嶋智人)と娘(大森絢音)のパーツも
あるとないとでは話の厚みが違った。
よくある内容ではあったけど、
王道として手を抜かずに構成していると思う。

それにしても平山あやは大人になったなあ。
美羽のキャラクターのせいだけでなく、
平山あや自体が落ち着いてきたような気がする。

第2話で“嘘”を扱っていたこともあって、
“自分の気持ちにだけは嘘をつくな”というセリフの前に
あえて龍之介に言わせていた
“ホントはね、お父さんには、ちょっとくらい嘘ついても
かまわないって思ってるんだよ”というフレーズは、
なかなか気が利いていて良かった。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« 赤鼻のセンセイ  6 | トップページ | 任侠ヘルパー  第6話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45954329

この記事へのトラックバック一覧です: ダンディ・ダディ?  第五章:

« 赤鼻のセンセイ  6 | トップページ | 任侠ヘルパー  第6話 »