« オトメン(乙男) 夏4 其の四〜そのオトメン、凶暴につき〜 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:3 »

2009/08/25

ブザー・ビート  第7話

演出:西浦正記
脚本:大森美香

15分延長して直輝(山下智久)と莉子(北川景子)が
本気でキスするまでの内容。

一応、直輝と菜月(相武紗季)の別れで
もう友達にも戻れないという直輝の気持ちがあって、
それを前提に直輝は莉子といつまでも友達でいたい、
つまり、完全に関係が切れることを望んでない、
という前振りがあった。

それに対して莉子からは
もう友達とは思えないというハッキリとした意思表示があって、
そうなると中途半端にやさしい直輝の態度がつらくなって、
一度はもう会わないという展開に。

最後は誕生日の夜に直輝から電話がかかってきて、
バスケットボールの音まで聞こえてしまった莉子が
我慢しきれずにもう会わないなんて言わないでと訴えてしまうわけだけど、
このあたりの男女の描写は今風で悪くなかったと思う。

で、麻衣(貫地谷しほり)と秀治(溝端淳平)は、
あまり手間をかけずに進展。
でも、大人の宇都宮(永井大)と同世代の秀治に挟まれる麻衣の立場は、
川崎(伊藤英明)と直輝で揺れる莉子と同じで、
なおかつ、宇都宮には忘れられない人がいそうなので、
菜月の存在まで考えれば
うまく2人の恋愛状況をリンクさせてると思う。
いかにもドラマの人間関係って感じだけど。

そこで今後、菜月がどう絡んでくるか。
莉子が買っていた直輝のキーホルダーは、
もう少しオーソドックスに直輝が見つけるのかと思ったら、
菜月が発見して莉子の気持ちに気づき、
近づいていくというアイテムに使われた。

廉(金子ノブアキ)は菜月の同僚、
しおん(小松彩夏)にも手を出していたので、
もしかしたら重要なポジションからはもう外れたかも。

バスケ要素のアークスとしては
直輝と廉の協力が必要不可欠だろうけど、
恋愛絡みではもう役割は果たしたかもしれない。

いずれにしても、菜月の心の動きは分かるとして、
設定はちょっと中途半端なままなので、
莉子に近づいたことをキッカケに
もう少し菜月をしっかり描いて欲しい。

川崎のマトリョーシカ仕様のプレゼントは…。
明らかに指輪サイズの箱だったら
受け取ってもらえないかもしれないけど、
この大きさの箱の誕生日プレゼントだったら受け取るだろう、
という読みでやったのかも。

バスケットボールチームのヘッドコーチだし、
それくらいの戦略は立てそう。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« オトメン(乙男) 夏4 其の四〜そのオトメン、凶暴につき〜 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:3 »

コメント

はじめまして(^^
久しぶりに月9に嵌って毎週わくわくしながら観ております♪
やっと直輝中心に描かれ始めてこれから終盤が楽しみです。
あの誕生日プレゼントの大きさはボストン出発直前に呼び出して、「受け取って貰えたら荷物も減って助かるし」と川崎さんが言ってるので、受け取り拒否も出来ないように仕向けた作戦に思います。
もちろん小さければ指輪と気づいて受け取り拒否になる訳ですし、大きいけど中身は軽く女にも持てる。開けると凄く重いプレゼントですね。
でも莉子の欲しいプレゼントはダイヤモンドや大きな薔薇の花束ではなく、ドリブルの音や一輪のひまわり・・・ほんとに面白いです。。。
毎日のドラマの感想レビューで大変かもしれませんが楽しみにしてますので頑張って下さいね!

投稿: miko | 2009/08/27 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46025490

この記事へのトラックバック一覧です: ブザー・ビート  第7話:

« オトメン(乙男) 夏4 其の四〜そのオトメン、凶暴につき〜 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:3 »