« ブザー・ビート  第4話 | トップページ | 赤鼻のセンセイ  5 »

2009/08/10

恋して悪魔  第5話

演出:都築淳一
脚本:小川智子

前回からコミカルな見せ方がほとんどなくなって、
内容的にはちょっと物足りない感じ。

今回はルカ(中山優馬)が真琴(加藤ローサ)への想いを自覚しつつ、
どんなに好きでも手が届かない存在であること、
想いを打ち明けることができない存在であることに悩み、
最後は自分がヴァンパイアという化け物であることを
改めて突きつけられるような内容だった。

こういう部分に関しては、
やっぱり真琴がもっと大人っぽくて、
見た目にも手が届かない存在であることに説得力が出た方が
よかったような気がする。

まあ、真琴の初恋の相手である歩(中山優馬)とのシーンもあるので、
そういう意味では加藤ローサくらいの見た目じゃないと
ダメなのは分かるんだけど。

で、次回はいよいよルカ=歩であることが明らかになるらしい。
もうコミカルさであまり押さないのなら、
この路線の方が見応えは出るかも。

細かいところは相変わらず粗いけど、
次回の展開はちょっと楽しみ。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« ブザー・ビート  第4話 | トップページ | 赤鼻のセンセイ  5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45886644

この記事へのトラックバック一覧です: 恋して悪魔  第5話:

« ブザー・ビート  第4話 | トップページ | 赤鼻のセンセイ  5 »