« 恋して悪魔  第6話 | トップページ | ダンディ・ダディ?  第五章 »

2009/08/17

赤鼻のセンセイ  6

演出:茂山佳則
脚本:土田英生
脚本協力:高梨一起、根本ノンジ

七瀬(香椎由宇)が医師として
和田(須賀健太)のことを真剣に診ているのは
最初から分かっていたことだけど、
七瀬のキャラクターがブレていないので
終盤は意外と盛り上がった。

参太朗(大泉洋)の単純な言動で始まる冒頭は工夫がなくて、
相変わらず面白みには欠けると思う。
でも、今回みたいに参太朗が子供たちに書かせたメッセージが
オチになるような使い方はいいと思う。
もう参太朗のキャラクターは分かってるので、
出だしはもう少し工夫して欲しい気もするけど。

で、前回、今回と和田をみんなが支える内容が続いて、
それでも最後に和田の病状が悪化してしまう展開は、
つらいけれども避けて通れないストーリーだと思う。

最終的にどうなるかは別にして、
院内学級を舞台にしたドラマとしては
ここをしっかり描いて欲しい。

            採点 6.0(10点満点平均6)


|

« 恋して悪魔  第6話 | トップページ | ダンディ・ダディ?  第五章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/45954323

この記事へのトラックバック一覧です: 赤鼻のセンセイ  6:

« 恋して悪魔  第6話 | トップページ | ダンディ・ダディ?  第五章 »