« ブザー・ビート  第10話 | トップページ | 任侠ヘルパー  最終話 »

2009/09/17

救命病棟24時  Episode:6

演出:佐藤祐市
脚本:二木洋樹

2時間サスペンスかと思った。
内容的にも患者に総理大臣も犯人もないという
新藤(江口洋介)がこれまでも言ってきたことが改めて描かれた程度で、
前回からの進展はほとんどなかったし。

まあ、エンターテイメント性はあったからいいか。
せめて澤井(ユースケ)が新藤を辞めさせたい理由くらい
示して欲しかったけど…。

スタッフを増員するならムリな受け入れはなくなるし、
新藤自身が海南医大の救命救急に
どうしてもいなくてはいけない意味もなくなるんだから、
澤井と新藤がここで衝突する理由は薄くなると思う。

もちろん、救命救急の現場を根本的に改善したいという澤井と
目の前の患者を救うことが第一と考える新藤との間には、
考え方や方法論の違いはある。

ただ、これは大学病院における研究と臨床のように、
医療ドラマでは昔からある切り口。
そこをどこまで深く描けるかが見どころだと思うんだけどな。

とりあえず最終回は2時間超のスペシャルなので、
そのあたりを丁寧に描いてくれることに期待したい。

それよりも、目を覚ますまで
最初に運ばれてきた女性が野村佑香だって気がつかなかったよ。
久しぶりだったなあ。

            採点 6.5(10点満点平均6)


|

« ブザー・ビート  第10話 | トップページ | 任侠ヘルパー  最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46234816

この記事へのトラックバック一覧です: 救命病棟24時  Episode:6:

« ブザー・ビート  第10話 | トップページ | 任侠ヘルパー  最終話 »