« 救命病棟24時  Episode:final | トップページ | こちら葛飾区亀有公園前派出所  最終話 »

2009/09/29

オルトロスの犬  最終話 望み

演出:加藤新、今井夏木
脚本:ワーナー・ブラザーズ映画
   ライターズワークショップ
   青木万央、伊藤崇、小林雄次、加藤公平

設定上、臣司(滝沢秀明)と涼介(錦戸亮)が
2人とも死ぬ確率は高いんじゃないかと思っていたけど、
それではさすがに重たくなるので、
臣司も涼介も力を無くしたような見せ方で
静かに暮らす様子で終わった。

一応、兄弟の絆で盛り上げたりはしていた。
でも、広げた風呂敷の畳み方としては
かなりムチャクチャだった思う。

前半は説明ゼリフのオンパレードで、
大事なところは古くからの“言い伝え”で処理。
中盤、子供は力を譲り合ってるみたいな安っぽい展開になって、
榊大臣(高畑淳子)が急にいい人に。
最後はとくに説明すらなく、
熊切親子(柴俊夫・八乙女光)、千春(原田夏希)、
正人(忍成修吾)もみんないい人に。

そもそも、千春とか正人って
このドラマに必要だったのかなあ。

とにかくこのドラマは、
ショーランナー方式という作り方が
日本でもできるかどうかが見どころだったわけだけど、
もっと単純な設定の時に活きるような気がする。
もしくは一話完結ものとか。

病や傷を治す神の手を持つ悪魔のような男と
人を殺せる悪魔の手を持つ心優しき男という設定と、
そこから広がるテーマは面白かったと思う。

ただ、それをショーランナー方式でやると、
個別のシーンはいくつか面白く作れても、
全体としては収集がつかなくなってしまう感じ。
実際、辻褄の合わなさはビックリするくらいだった。

どこかから脱出すればOKとか、
悪を倒せばめでたしめでたしとか、
そういう単純な結論に向かっていれば、
途中で話が横道にそれても面白ければ問題ないし、
面白く広がらなければ途中で終わらせてもいいし、
どうにでもできるんだけど…。

ヘンに凝った設定にしたばっかりに、
最後は安易に、かつ強引にまとめるしかなかった感じだった。

でも、キレイどころを並べて見せるというのは
ある意味、日本的で、
このドラマはそれだけでいいのかもしれない。

            採点 4.5(10点満点平均6)

                脚本  ★☆☆☆☆
                演出  ★☆☆☆☆
                配役  ★★★☆☆
                音楽  ★★★☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

          平均採点 5.94(10点満点平均6)


B002NXSV9Yオルトロスの犬 DVD-BOX (6枚組)
ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-01-27

by G-Tools


|

« 救命病棟24時  Episode:final | トップページ | こちら葛飾区亀有公園前派出所  最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46344499

この記事へのトラックバック一覧です: オルトロスの犬  最終話 望み:

« 救命病棟24時  Episode:final | トップページ | こちら葛飾区亀有公園前派出所  最終話 »