« 救命病棟24時  Episode:5 | トップページ | 赤鼻のセンセイ  10 最終話 »

2009/09/10

恋して悪魔  最終話

演出:村上正典
脚本:小川智子

基本的には8話のようなノリで
ヴァンパイアの実体が前面に出てしまって、
「しんじょう」のまわりの住人や学院の生徒が
ルカ(中山優馬)を迫害するというやれやれの展開に。

それを仕掛けたのがカイト(近藤真彦)だったので、
人間の愚かさを改めてルカに教えたかったのは分かる。
でも、あんなにコテコテにする必要はなかった。
そもそも、あの時点ではルカが何者かも分からないのに、
ただ「バケモノ!バケモノ!」と騒いでも説得力がまったくなかった。

ルカの正体が知れるにしても、
藤井(姜暢雄)、香織(桜庭みなみ)、宏人(中島健人)、
直樹(入江甚儀)の4人で十分だったと思う。
それでもこの最終回でやりたかったことはすべて描けたと思う。

真琴(加藤ローサ)とルカの別れのシーン自体は
そんなに悪くなかっただけに、
そこまでの段取りがすごくもったいなかった。

ラストはみんなの記憶からルカが消えているような描き方で、
将太(森本慎太郎)だけは覚えているような感じだったけど、
こういうタイプのドラマはそういうのも中途半端に見えちゃうんだよなあ。

ヴァンパイアという設定が象徴的に使われていた頃は
それなりに面白さもあったんだけど、
必要以上に実体を見せるようになると
安っぽさだけが目立ってしまった。

あと、カイトは単にお目付役くらいの設定の方がよかったと思う。
それ以上に意味を持たせたのは失敗だった。
そのことで、このドラマにおけるヴァンパイアの規定やルールも
分かりにくくなっていたし。

序盤は意外と楽しめる要素もあっただけに、
8話以降で大くずれしたのが残念だった。

            採点 5.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★☆☆☆
                配役  ★★☆☆☆
                音楽  ★★☆☆☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                新鮮さ ★★☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

          平均採点 5.85(10点満点平均6)


|

« 救命病棟24時  Episode:5 | トップページ | 赤鼻のセンセイ  10 最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46170907

この記事へのトラックバック一覧です: 恋して悪魔  最終話:

« 救命病棟24時  Episode:5 | トップページ | 赤鼻のセンセイ  10 最終話 »