« 救命病棟24時  Episode:6 | トップページ | オルトロスの犬  第8話 兄弟 »

2009/09/22

任侠ヘルパー  最終話

演出:西谷弘
脚本:古家和尚

とにかく目の前の弱い人を助けなくて何が任侠か、
という部分でまとめた内容は良かったと思う。

彦一(草なぎ剛)たちが「タイヨウ」に立てこもって
機動隊に突入されるシーンも、
エンターテイメントとしての見せ方と
弱きを助けて強気を挫く象徴としてはあって良かった。

ただ、最後は時間がなくなってかなりバタバタした感じ。
隼會の組長メンバーにインテリの六車(夕輝壽太)を配置していたのは
前回から意味が出てきて効果的だったけど、
六車が新しく立ち上げた介護の会社の詳細や、
その会社に晶(夏川結衣)の秘書だった弥生(中別府葵)がいる経緯など、
説明不足なところが多かったと思う。

彦一たちの立てこもりから
新聞が行政への批判記事を書くまでの過程も、
さすがに端折りすぎだった。

鷹山(松平健)の真意は想像できる描き方だったものの、
幹部になったりこ(黒木メイサ)と杯を交わすシーンに工夫がなかったり、
和泉(山本裕典)の身の振り方に明確なものがなかったりしたので、
ちょっと中途半端になったような印象もあった。

まあ、鷹山はヤクザな世界に身を置く頭なので、
幹部になるなら本物の任侠道を悟れ、
というのが研修の目的だったんだと思う。

だから、あそこまでいけば誰が幹部になっても
鷹山としてはよかったはず。
結果的に足を洗う選択をする人間が出たとしても、
任侠道を極めるなら鷹山も見逃すと思うし。

そういう意味では、
最後にまたチャラチャラしていた三樹矢(藪宏太)のワンカットも、
お前はまだダメだけど、と言っているようで悪くなかった。

全体的には介護を扱ったテーマと
そこに任侠の世界を重ねた視点、
エンタメも意識した作りと、
企画は意欲的で志も高かったと思う。

連ドラとしての縦軸だけでなく、
各回で扱った介護に関するテーマに対しても
予想以上に深く切り込んでいたし、
その点でもマジメに取り組んでいた作品だった。

彦一のタバコの吸い方や、
任侠ヘルパーたちの口調などは最後まで違和感があったけど、
内容的にはすごく見応えのあるドラマだった。

            採点 7.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★★★☆
                演出  ★★★★☆
                配役  ★★★☆☆
                音楽  ★★★★☆
                主題歌 ★★☆☆☆
                新鮮さ ★★★☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.86(10点満点平均6)


|

« 救命病棟24時  Episode:6 | トップページ | オルトロスの犬  第8話 兄弟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46281082

この記事へのトラックバック一覧です: 任侠ヘルパー  最終話:

« 救命病棟24時  Episode:6 | トップページ | オルトロスの犬  第8話 兄弟 »