« 官僚たちの夏  第8話 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:5 »

2009/09/08

ブザー・ビート  第9話

演出:永山耕三
脚本:大森美香

菜月(相武紗季)が本音をぶっちゃけ始めて
かなり面白くなってきた。

とくに菜月が本屋まで来て莉子(北川景子)と話すシーン、
そこに麻衣(貫地谷しほり)が参戦してきたシーンは秀逸。
恋愛関係の状況はありがちでも、
これくらい感情がセリフになると面白い。

“後悔して欲しかった、別れたこと”とか、
“何とも思われないで記憶から消えるくらいなら
嫌われた方がよっぽどマシ”とか、
“夢、夢、言ってる人間みると、ときどきイラッときちゃうの。
現実みろよって。妄想に逃げてるヒマあったら働けよって”とか、
ここまでハッキリ言うと、ブラック菜月派も増えそう。

その後、莉子が直輝(山下智久)の前で
菜月のことを思わず悪く言ってしまう展開も、
菜月の指摘がするどかっただけに悪くなかった。

まあ、バイト先で莉子の演奏を叱った八尾(升毅)がキッカケで
莉子の夢は叶うんだろうけど。

でまた川崎(伊藤英明)が絶妙のタイミングで帰ってきた。
莉子がハッキリと直輝のことが好きだと話したあとで
川崎が莉子に言った“じゃあ、今、幸せなんだね?”は、
効果抜群だったなあ。

セリフも、構成も、
改めて大森美香らしさを感じた回だった。

            採点 7.0(10点満点平均6)


|

« 官僚たちの夏  第8話 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46154358

この記事へのトラックバック一覧です: ブザー・ビート  第9話:

« 官僚たちの夏  第8話 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:5 »