« オトメン(乙男) 夏7 其の七〜ガラスの乙面〜 | トップページ | ブザー・ビート  最終話 »

2009/09/22

官僚たちの夏  最終話

演出:平野俊一
脚本:橋本裕志
ゲスト:藤田朋子、桂ざこば、他

とくに最終回っぽくなく、淡々と終わった感じ。
でも、ヘンに盛り上げず、
風越(佐藤浩市)と庭野(堺雅人)が
再び斜陽になった繊維業界のデモに巻き込まれて、
精一杯やったものの、
本当に自分たちがやってきたことに意味があったのかと
自問するような終わり方は悪くなかったと思う。

それぞれがそれぞれの立場でものを言えば
収集がつかなくなるわけで、
その調整役としての難しさは出たような気がする。

結局、全体としては、原作の内容は10分1くらい。
ここまで手を入れて分かりやすい昭和史にするなら、
新聞記者の西丸(佐野史郎)を主人公にして
時代を振り返るような構成にする手もあったかもしれない。

そうすれば風越のガサツなところを描いても
そんなに違和感がなかったと思う。

最終回の片山(高橋克典)は
ちょっと人間くささが出て良かったけど、
風越を単純なキャラクターにしてしまったのが
ドラマとしての魅力を半減させてしまった気がする。

でも、たぶんこのドラマは
そういう問題だけでもなかったんだろうなあ。
役者は豪華で、映像もしっかりしていたのに、
見応えをほとんど感じなかったのは…。

やっぱり今やる企画ではなかったのかもしれない。
佐橋俊彦の音楽も基本的には悪くなかったけど、
冒頭でかかるテーマ曲は狙いすぎで軽い感じだった。

            採点 6.0(10点満点平均6)

                脚本  ★★☆☆☆
                演出  ★★★★☆
                配役  ★★★★☆
                音楽  ★★★☆☆
                主題歌 ★★★★☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★☆☆☆☆

          平均採点 6.15(10点満点平均6)

B002G9T5IG官僚たちの夏 [DVD]
TCエンタテインメント 2010-01-20

by G-Tools

|

« オトメン(乙男) 夏7 其の七〜ガラスの乙面〜 | トップページ | ブザー・ビート  最終話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46281114

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚たちの夏  最終話:

« オトメン(乙男) 夏7 其の七〜ガラスの乙面〜 | トップページ | ブザー・ビート  最終話 »