« 官僚たちの夏  最終話 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:final »

2009/09/22

ブザー・ビート  最終話

演出:永山耕三
脚本:大森美香

アークスの決勝戦が
莉子(北川景子)のデビューコンサートの1週間前だったので
なにか変化のあるラストにするのかと思ったら、
普通に直輝(山下智久)がブザービートを決めて
莉子とチューして終わりだった。

これじゃ莉子がギリギリで試合会場に着くためだけの
段取りになってしまった感じ。
一応、莉子が練習を抜ける許可を得るところで、
公園の看板に書いてあった
“Love makes me strong”に引っかけていたけど、
電話で声を聞くことも禁じて夢に向かっていた莉子の行動としては、
すごく中途半端になってしまった気がする。

直輝がブザービートを決めるのが
ラストシーンであること自体はいいと思う。
最初からそういうドラマなので。

でも、最後まで夢をあきらめないことが
このドラマの大きな軸だったわけだから、
莉子の夢もラストまで丁寧に扱って欲しかった。

シュートが決まるシーンを過剰に盛り上げなかったのは
むしろ好感が持てたけど、
ブザービートと言っているならそのシュートも
直輝の手からボールが離れた瞬間にブザーが鳴って欲しかった。

とにかくこの最終回、川崎(伊藤英明)は
もう一度、莉子と話すシーンがあって、
大人の対応をして終了。

菜月(相武紗季)は直輝とやり直すことを望むものの、
スッパリと断られてやっぱり終了。
でも、最後まで強がる菜月はそんなに悪くなかった。
あのシーンを見ると、
菜月にはもう少し可能性があるような状態で
最終回を迎えさせてあげてもよかったような気がしたな。

結局、ずっと宇都宮(永井大)が片思いしてたのは
菜月というオチがあったわけだけど、
菜月をああいうキャラクターにしてしまったので、
宇都宮の男っぷりも上がらなかった。

“つきあってくれよ…、一緒にケーキでも”って、
もしかしたら宇都宮はオトメンだったのかも。

この最終回で一番印象に残ったのは、
莉子が試合会場に来て直輝に向かって叫んだあとの
“テレビ中継してなくてホントによかった”という
麻衣(貫地谷しほり)のセリフだったかもしれない。

ああいうシーンはいくら王道のラブストーリーでも
ツッコミたくなるもんだし、
それをずっと振っていたバスケはテレビ中継がないということに引っかけて
麻衣に言わせるところなんかは気が利いていたと思う。

この最終回のラストへ向けての段取りも含め、
細かいところは不満も多かったけど、
全体的には王道のラブストーリーで意外と楽しめた。
やっぱり月9は
こういうベタなくらいのラブストーリーの方がいいと思う。

            採点 6.5(10点満点平均6)

                脚本  ★★★☆☆
                演出  ★★★★☆
                配役  ★★★★☆
                音楽  ★★★☆☆
                主題歌 ★★★★☆
                新鮮さ ★☆☆☆☆
                話題性 ★★☆☆☆

          平均採点 6.32(10点満点平均6)

B002G9T5EKブザー・ビート ~崖っぷちのヒーロー~ DVD-BOX
ポニーキャニオン 2010-01-06

by G-Tools


|

« 官僚たちの夏  最終話 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:final »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29003/46281121

この記事へのトラックバック一覧です: ブザー・ビート  最終話:

« 官僚たちの夏  最終話 | トップページ | 救命病棟24時  Episode:final »